ねんきんFAQ 書類の見方・書き方 編5

<Q1> 公的年金等の源泉徴収票についてですが、支払金額はいつのものですか?年金証書の額と違っています…(60代)

 <A1> 今年送付されてきたものであれば、平成21年中に支払われた年金(老齢・退職)の総額となります 一方、年金証書は、年金を受けることとなった時点での年金額が記載されその後、定額部分などが加算された場合でも最初に交付された証書を所持することとなるため年金額は最初のままの額が記載されていると思います

<Q2> 60歳時に提出する年金請求書についてですが、私が所持している失業保険証(雇用保険被保険者証)は昔のもので10ケタとなっています その場合でもその番号を記載してよいのでしょうか? 新たに番号を取得する必要があるのでしょうか?

 <A2> その番号で構いません 10ケタであれば左から詰めて記入し、いちばん右端が空くと思います

<Q3> 自衛隊に提出する書類の中に被保険者記録照会回答票というものがあり、年金事務所から取り寄せましたが、その記録の中で、縦に3という数字が並んでいて少し気になりました…

 <A3> 被保険者記録照会回答票(資格画面)のことだと思いますが、種別の3であれば…「船員・坑内員」を表します また、原因の3であれば…標準報酬月額の改定(10月1日の定時決定など)を表します

by nenkin-matsuura | 2010-01-23 02:35 | ねんきんFAQ  | Trackback  

トラックバックURL : https://nenkinm.exblog.jp/tb/10691449
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< リッスントゥザミュージック ねんきんQuiz-第92問 >>