いろんな年金シリーズ③

☆ アメリカの老齢年金

平成17年10月より日本国内にてアメリカ合衆国の年金(老齢・遺族・障害保険制度、OASDI:Old-Age, Survivors, and Disability Insurance)を請求できるようになりました

①40クレジット(10年)以上の加入期間があって(日本の加入期間を通算可)
②受給開始年齢に達している場合
③日本の社会保険事務所または年金相談センターにて手続きをする

申請の際には、
・戸籍抄本またはパスポートの写し
・年金手帳または年金証書の写し
・ソーシャルセキュリティーカード等の写しがあれば合わせて添付し、
「合衆国年金の請求申出書」を記入します
後日、アメリカ合衆国の「マニラ事務所」より正式なアメリカ年金申請書が送付されてきますので、必要事項を記載の上、マニラ事務所へ返送します

受け取りは、日本円による日本国内の銀行口座への振り込みが可能です

by nenkin-matsuura | 2009-10-15 00:33 | 年金 あれこれ | Trackback  

トラックバックURL : https://nenkinm.exblog.jp/tb/10340746
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 年金加入記録について その38 ねんきんQuiz-第79問 >>