年金アドバイスv(∩.∩)v 83

◇ 年金を受けている人が死亡したときは?

年金を受けている人が死亡したときは、その遺族が社会保険事務所等に、「未支給年金請求書(兼死亡届)」を提出しますφ(..) (共済年金の受給者の死亡の場合は各種共済組合へ提出)

未支給年金の支給対象者がいない場合は、死亡届のみの提出となり、死亡者の年金証書と死亡の事実が明らかとなる書類(住民票の除票など)を添付します

未支給年金の対象者がいる場合には、年金証書・死亡者との関係を明らかにすることができる戸籍謄本など・死亡者と請求者の住民票・預金通帳・認め印などが必要です

なお、年金証書が見当たらない場合は、添付できない理由書を書く必要があります
また、死亡者と請求者の住所が違う場合は、「生計同一証明欄」に第三者(施設長・事業主・民生委員等)からの証明(証明者の住所・氏名・役職・日付)が必要です

by nenkin-matsuura | 2009-10-10 12:56 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

トラックバックURL : https://nenkinm.exblog.jp/tb/10322900
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< コスモスの丘、国営昭和記念公園 体調管理には気をつけましょう >>