第三者行為事故による損害賠償と年金の調整

交通事故などの第三者行為による障害・死亡などの事故に係る年金給付が行われ、その同一事由について第三者から損害賠償を受けたときは、保険者(社会保険庁)はその価格の限度で保険給付をしなくてもよいことになっています

例えば、自動車事故による死亡の場合、遺族年金(基礎・厚生)の受給権者が、加害者から葬祭費・慰謝料などの損害賠償を受けた場合、遺族年金と同じ性格のもの、遺族の生活保障部分に相当する額のみについて、年金との調整対象となります

なお、損害賠償との調整による年金の支給停止は、最長で2年行われます
第三者行為(交通事故等)が絡んだ障害年金や遺族年金等を請求する時には「第三者行為事故状況届」に交通事故証明書、念書、示談書の写し等を添付して提出します

by nenkin-matsuura | 2009-08-31 00:38 | 年金 あれこれ | Trackback  

トラックバックURL : https://nenkinm.exblog.jp/tb/10165700
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< ねんきんQuiz-第74問 しながわ水族館(品川区) >>