タグ:障害認定日 ( 63 ) タグの人気記事

 

ねんきんFAQ 障害年金の請求編29

<Q1> 所得の制限があるのでしょうか?(障害厚生年金を請求)

 <A1> 障害厚生年金は所得の制限はありません 20歳前傷病による障害基礎年金だと所得による停止があります

<Q2> もらいながら厚生年金保険をかけると障害厚生年金は増えていくのですか?

 <A2> 障害認定日の属する月後の被保険者期間は障害厚生年金の額の計算には含まれません なお、老齢厚生年金の計算にはカウントされます

<Q3> ○○病院には別の病気で受診していたのですが、書いた方が良いですか?(病歴・就労状況等申立書)

 <A3> 請求される傷病と関連のあるものを記入します

by nenkin-matsuura | 2017-05-01 02:04 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんQuiz-第439問(障害認定日)

Q 以下の場合の障害認定日を①~③のうちから選んでください ? ☆☆
※初診日は平成27年12月1日、28年2月15日に人工肛門を造設したものとする

① 平成29年6月1日
② 平成28年8月15日
③ 平成28年2月15日

d0132289_03335736.jpg


                                 A ② 平成28年8月15日
point 通常、障害認定日は、初めて医師の診療を受けたときから1年6か月を経過した日(その間に治った場合は治った日)ですが、人工肛門を造設した日から起算して6か月を経過した日が初診日より1年6か月以内にあるときは同日が障害認定日となります。

by nenkin-matsuura | 2017-02-15 03:53 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第421問(事後重症による請求)

Q 以下の事例において、障害基礎年金の事後重症による請求を行った場合、受給開始となる月を①~③のうちから選んでください(2級の状態であるものとする) ? ☆☆
※ 初診日=平成25年10月20日、障害認定日=27年4月20日、請求日=28年8月20日

① 平成25年11月より
② 平成27年5月より
③ 平成28年9月より
d0132289_04122151.jpg


                                  A ③ 平成28年9月より
point 事後重症による請求の場合は、請求の翌月分からの支給となるため、平成28年8月20日に請求した場合は、翌月の9月分からの支給となります。
なお、事後重症による請求の場合は、65歳に達する日の前日までに障害等級に該当し請求を行う必要があります。

by nenkin-matsuura | 2016-10-20 04:37 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第407問(診断書の種類)

Q 障害年金の請求において、在宅酸素療法を行っている際に使用する診断書の種類を以下のうちから選んでください ? 

① 肢体の障害用
② 呼吸器疾患の障害用
③ 循環器疾患の障害用


d0132289_01413455.jpg


                                  A ② 呼吸器疾患の障害用
point 在宅酸素療法を行っている場合は、呼吸器疾患の障害用の診断書(様式第120号の5)を使用します
なお、初診日より1年6か月が未経過のときでも在宅酸素療法を行っている場合は、在宅酸素療法を開始した日が障害認定日となります(通常は1年6か月経過した日が障害認定日)

by nenkin-matsuura | 2016-07-14 02:04 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんFAQ 障害年金の請求編23

<Q1> 身体障害者手帳の1級を取得しましたが…(70代)

 <A1> 初診日が30年ほど前とのことですが…事後重症による請求の場合は65歳までに該当(請求)する必要があります…

<Q2> 納付をしていなかったので…今からでも(国民年金保険料を)納めようか、と…

 <A2> 初診日前に納付されている必要があります…

<Q3> 急いで診断書をとりました…20日を過ぎると2枚必要とのことなので…

 <A3> はい、障害認定日から1年以上経過しての請求だと現在の診断書も加えて計2枚必要です…今ならまだ1年たたないため1枚で大丈夫です…

by nenkin-matsuura | 2015-09-07 00:52 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんQuiz-第354問(障害年金)

Q 以下の3つのワードに最も関係のある書類を①~③のうちから選んでください ? ☆☆
「年月順」、「3年から5年ごと」、「日常生活状況」

① 年金加入期間確認請求書
② 生計同一関係に関する申立書
③ 病歴・就労状況等申立書

d0132289_00080597.jpg


                              A ③ 病歴・就労状況等申立書
point 障害基礎年金や障害厚生年金の請求時には病歴・就労状況等申立書を添付しますが、記入に当たっては、発病から現在までを年月順に記載します
また、一つの期間が長くなるときは3年から5年ごとに区切って記入します
病歴・就労状況等申立書の裏面は就労・日常生活状況を記入するようになっており、その請求の仕方によって、障害認定日のころと現在の状況を記入します

by nenkin-matsuura | 2015-07-09 00:26 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんFAQ 障害年金の請求 編22(添付書類)

<Q1> あと必要な書類は?(20歳前傷病による障害基礎年金の事後重症による請求)

 <A1> あとは…平成26年度の本人の所得証明書が必要です…

<Q2> 印鑑は必要ですか?印鑑登録証明書は?(代理人)

 <A2> はい、代筆のため押印が必要です 訂正時などにも使用します… …印鑑登録証明書は必要ありません

<Q3> 診断書をとるのが遅れちゃって…戸籍は昨年(4か月前)にとったものだけど…

 <A3> はい、障害認定日より後の日付であれば…6か月までは大丈夫です

by nenkin-matsuura | 2015-03-30 00:10 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんFAQ 障害年金の請求 編21(20歳前傷病による障害基礎年金)

<Q1> 診断書は今とっても構わないが、申請は20歳(前日)になってからということですね?

 <A1> はい、診断書は障害認定日(20歳の誕生日の前日)の前後3か月以内の現症のものをとっていただいて…請求は20歳の前日以降に…

<Q2> あと…必要書類はありますか?

 <A2> あとは…所得証明書をとっていただいて…(20歳前傷病による障害基礎年金は、)保険料納付要件はありませんが、本人の所得制限があります 一定の額を超えると2分の1または全額支給停止の場合もあります

<Q3> (病歴・就労状況等申立書について)同じ時期に2か所病院に通っていた…

 <A3> はい、それぞれの病院名とその期間を分けて記入して…通院の早いA病院を上に、Bクリニックは下の枠にですね…はい、それで(大丈夫です)

by nenkin-matsuura | 2014-12-12 00:49 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんQuiz-第300問

Q 以下のケースの障害認定日を①~④の中から選んでください ? ☆☆☆

発病日=平成24年4月3日、初診日=平成24年4月10日、腎不全により平成25年8月7日より人工透析療法を開始する(症状固定ではない)、平成25年12月1日に障害基礎年金を請求したとする

① 平成25年8月7日
② 平成25年10月10日
③ 平成25年11月7日
④ 平成25年12月1日
d0132289_00054055.jpg


                                   A ② 平成25年10月10日
point 障害認定日は原則として、「初診日から起算して1年6か月を経過した日」または「1年6か月以内に治った場合には治った日」をいいます
なお、人工透析療法を行っている場合は、透析を受け始めてから3か月を経過した日が1年6か月未経過の場合はその日が障害認定日となります(上記のケースだと3か月経過の日が1年6か月より後のため、1年6か月経過した日が障害認定日となります)

by nenkin-matsuura | 2014-06-19 00:36 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第282問

Q 障害厚生年金について、以下のア~オのうち正しいものの組み合わせを選んでください ? ☆☆☆☆
ア.等級は1級から3級までである
イ.在職による停止はない
ウ.障害認定日は初診日から1年経過の日である
エ.3級の場合は最低保障額がある
オ.基本、2か月に1度の支給である

① アとイとオが正しい
② アとウとエとオが正しい
③ イとウとエが正しい
④ アとイとエとオが正しい

d0132289_019313.jpg

                                   A アとイとエとオが正しい
point 障害認定日は、初診日から1年6か月を経過した日、ただし、その期間内に治った日または症状が固定した日があればその日となります
なお、支給日は偶数月の15日(休みのときは前の日)ですが、初回時などは奇数月に支払われることもあります

by nenkin-matsuura | 2014-02-13 00:43 | ねんきんQuiz | Trackback