タグ:遺族厚生年金 ( 86 ) タグの人気記事

 

ねんきんQuiz-第443問(基礎年金)

Q 次のうち、1階の基礎年金部分に当たる年金を選んでください ? 

① 老齢基礎年金
② 障害共済年金
③ 遺族厚生年金


d0132289_03540119.jpg


                                    A ① 老齢基礎年金
point 老齢基礎年金や障害基礎年金、遺族基礎年金などがいわゆる1階の部分に当たります。
なお、障害共済年金や遺族厚生年金などは2階の部分に当たり、また、厚生年金基金(上乗せ)や職域相当部分などは3階の部分に当たります

by nenkin-matsuura | 2017-03-16 04:15 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきん豆知識135(遺族年金と労災との調整)

<遺族年金と労災保険の遺族(補償)年金との調整>


d0132289_04324258.jpg
・遺族基礎年金+遺族厚生年金
 … 労災保険を80%支給

・遺族厚生年金
 … 労災保険を84%支給

・遺族基礎年金
 … 労災保険を88%支給

・旧厚生年金保険法の遺族年金
 … 労災保険を80%支給



by nenkin-matsuura | 2016-10-04 04:38 | ねんきん豆知識 | Trackback  

ねんきんQuiz-第405問(所得証明書)

Q 次のうち、請求者本人の所得証明書が必要となるケースを選んでください ? ☆☆

① 特別支給の老齢厚生年金を請求する(配偶者加給年金額の対象者有)
② 老齢基礎年金を請求する(本人及び配偶者は国民年金の加入のみ)
③ 遺族厚生年金を請求する

d0132289_02194948.jpg


                            A ③ 遺族厚生年金を請求する
point 遺族厚生年金を請求する際は、請求者本人の所得証明書などを添付します(生計維持の確認のため)
なお、①の場合は配偶者の所得証明書が必要、②の場合は所得証明書は不要です

by nenkin-matsuura | 2016-06-29 02:37 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第401問(選択)

Q 次のうち、年金の選択が可能な人を選んでください ? ☆☆☆
※ いずれも65歳以上とする

① Aさん、夫からの遺族共済年金(平成27年受給権発生)と老齢基礎年金・老齢厚生年金の受給権あり
② Bさん、夫からの遺族厚生年金(平成28年受給権発生)と旧法の厚生年金保険の老齢年金の受給権あり
③ Cさん、妻からの遺族厚生年金(平成26年受給権発生)と老齢基礎年金・退職共済年金の受給権あり

d0132289_01070259.jpg


 A ② Bさん、夫からの遺族厚生年金(平成28年受給権発生)と旧法の厚生年金保険の老齢年金の受給権あり
point 旧法の年金を受給しているBさんは、選択により、遺族厚生年金のみの受給か、旧法の厚生年金保険の老齢年金を受給するか、遺族厚生年金+旧法の厚生年金保険の老齢年金の2分の1を受給することが可能です
なお、AさんとCさんについては、まず自身の老齢基礎年金・老齢厚生年金(退職共済年金)を受給し、遺族厚生年金(遺族共済年金)は老齢厚生年金(退職共済年金)との差額を受給することとなります(先あて)

by nenkin-matsuura | 2016-06-02 01:25 | ねんきんQuiz | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 390(長期要件と短期要件の双方に該当するとき(高い方を選択))

◇ 遺族厚生年金の長期要件と短期要件の双方に該当するとき(高い方を選択するとき)


遺族厚生年金の請求時において、年金請求書の5ページの(15)の項目は、ア~エについて、はい・いいえで回答するようになっています( ´ー`)ノ

ア~ウのいずれかに該当する場合は短期要件、エに該当する場合は長期要件の遺族厚生年金にて額が計算されます(短期要件の場合は300月とみなして計算)

長期要件と短期要件の両方に該当した場合は、どちらか一方の要件を選択することができ、もし、額が多いほうでの計算を希望する時は、「年金額が高い方の計算方法での決定を希望する。」にチェックをします

例えば…
・短期要件で計算 → 70万円
・長期要件で計算 → 40万円
の時に、高い方での決定を希望するにチェックを入れることによって、遺族厚生年金は高い方の70万となります

by nenkin-matsuura | 2016-03-16 00:26 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきんQuiz-第382問(短期要件の遺族厚生年金)

Q 遺族厚生年金の請求において、短期要件に該当する遺族厚生年金となるケースを以下のうちから選んでください ? ☆☆
※いずれも平成28年1月の死亡とし、他の要件は満たしているものとする

① Aさん、80歳、老齢厚生年金と老齢基礎年金を受給中
② Bさん、50歳、20歳から5年間厚生年金保険に加入、以降は国民年金を納付
③ Cさん、38歳、20歳から18年間厚生年金保険に加入


d0132289_01062848.jpg


             A ③ Cさん、38歳、20歳から18年間厚生年金保険に加入
point 厚生年金保険の被保険者だったCさんの死亡による遺族厚生年金は、短期要件に該当することとなります 短期要件の場合は、被保険者期間が300月未満のときは、300を前被保険者期間の月数で除して得た額を計算式に乗じて、300月に増額して計算されます
なお、厚生年金の被保険者資格喪失後の死亡であって、厚生年金保険の被保険者期間に発した傷病又は負傷が原因で、その初診日から5年以内に死亡したものであるときや、障害厚生年金(2級以上)の受給権者であった場合の死亡なども、短期要件に該当する遺族厚生年金となります

by nenkin-matsuura | 2016-01-21 01:34 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんFAQ 遺族年金編23

<Q1> 死亡診断書はどちらの方で?

 <A1> 死亡後1か月以上経過しているため、管轄の法務局の方での取得になります その際は遺族厚生年金の年金請求書等を提示する必要があります

<Q2> 私は基金からも年金をもらっていますが…

 <A2> 今までどおり受給できます ただ、遺族厚生年金の額から基金を含めた老齢厚生年金の額が差し引かれます(先あて)

<Q3> 夫は国鉄で勤めていました…

 <A3> 昭和31年6月以前の期間については、日本鉄道共済組合への請求が必要です

by nenkin-matsuura | 2016-01-18 00:23 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんQuiz-第373問(先あて)

Q 65歳以降の遺族厚生年金との併給について、年金の総額を計算してください ? ☆☆☆
※遺族厚生年金は年1,100,000円(経過的寡婦加算を含む)、老齢基礎年金は780,100円、老齢厚生年金は200,000円、基金代行額(解散した基金)は100,000円とする

① 1,880,100円
② 1,980,100円
③ 2,180,100円
d0132289_23542623.jpg


                                 A ① 1,880,100円
point 65歳以降は老齢基礎年金と老齢厚生年金が優先的に全額支給となり、遺族厚生年金は老齢厚生年金(基金代行部分の額を含む)に相当する額が停止となります
1,100,000円-(200,000円+100,000円)+780,100円+200,000円+100,000円=1,880,100円

by nenkin-matsuura | 2015-11-18 00:19 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんFAQ 遺族年金編22

<Q1> ほかに手続きは?

 <A1> 国鉄へ勤務されていた期間のうち、昭和31年6月以前の期間については、日本鉄道共済組合への手続きが必要です

<Q2> 65歳までは遺族厚生年金が多く、ずっと勤務先で厚生年金保険に加入したとすると、65歳以降は私の老齢基礎年金+老齢厚生年金が多いようです…手続きは?(65歳以降は先あてにより遺族厚生年金が0円となるケース)

 <A2> はい、60歳時には送付されてきた年金請求書とともに年金受給選択申出書によって遺族厚生年金を受ける旨の手続きをします 65歳時には送付されてきたはがきサイズの年金請求書の提出により65歳までは遺族厚生年金、以降は老齢基礎年金+老齢厚生年金という形になります

<Q3> 私が繰上げをすると妻への遺族厚生年金に影響が出ますか? (27年生まれ)

 <A3> 奥様が受給する遺族厚生年金に影響はありません

by nenkin-matsuura | 2015-11-02 00:27 | ねんきんFAQ  | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 370(年金額が高い方を選択する場合)

◇ 年金額が高い方を選択する場合(年金受給選択申出書)

特別支給の老齢厚生年金と遺族厚生年金など違う種類の年金の受給権があるときは、そのどちらか一方を選択する必要があります(65歳以降を除く)

選択の際には「年金受給選択申出書」を記入しますが、その方法としては…
・ ア 国から支給される年金額を比較して、年金額が高い方を選択する
・ イ 選択する年金を具体的に指定する
の二通りがあります

例えば、
特別支給の老齢厚生年金が年300,000円(基金なし)、
遺族厚生年金が年1,200,000円の場合、
アの国から支給される年金額を比較して、年金額が高い方を選択するに丸を付けたときは、
年金受給選択申出書の③選択する年金の年金証書の年金コードの欄は「1450」、
④選択する年金以外の年金証書の年金コードの欄は「1150」
と記入します(。ゝω・)ゞ

by nenkin-matsuura | 2015-10-29 00:09 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback