タグ:第三者行為事故状況届 ( 25 ) タグの人気記事

 

第三者行為事故状況届(交通事故証明書について)

■ 第三者行為事故状況届(交通事故証明書について)


遺族年金や障害年金の請求時において、交通事故等が原因となるときは、第三者行為事故状況届を記入します。
また、交通事故による場合は、交通事故証明書を添付します。

交通事故証明書は、自動車安全運転センターにて取得できます。(警察へ届け出のある事故の場合)

交通事故証明書の内容は、発生日時、発生場所、当事者(甲、乙)の住所氏名や車種、自賠責保険関係、事故時の状態、事故類型などが記載されています。

by nenkin-matsuura | 2017-03-17 04:25 | 年金 あれこれ | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 369(遺族厚生年金の請求時の添付書類(死亡診断書))

◇ 遺族厚生年金の請求時の添付書類(死亡診断書)

遺族厚生年金の裁定請求時には、戸籍謄本、世帯全員の住民票、住民票の除票、請求者の所得証明書、死亡診断書、通帳の写しなどを添付します(未支給年金の請求時の添付書類も兼ねています)

市区町村長に提出した死亡診断書(死体検案書)はコピーでも構いません

もし、その死亡原因が第三者の行為(交通事故など)の場合は、別途、第三者行為事故状況届や交通事故証明書などを添付する必要があります(。・ρ・。)

by nenkin-matsuura | 2015-10-21 00:13 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきんQuiz-第207問

Q 年金に関する用紙のうち、色が白色なものを次のうちから選んでください ?  

① 老齢基礎年金受給権者 老齢厚生年金裁定請求書 
② 第三者行為事故状況届 
③ 国民年金死亡一時金裁定請求書 

d0132289_121293.jpg


                               A ② 第三者行為事故状況届 
point 第三者行為事故状況届は、交通事故などが絡んだ遺族年金の請求等で使用し、色は白がベースとなります
なお、①の「老齢基礎年金受給権者 老齢厚生年金裁定請求書」(様式第233号)は薄い黄緑色、
③の「③ 国民年金死亡一時金裁定請求書」は黄色の用紙となります

by nenkin-matsuura | 2012-09-13 01:33 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第164問

Q 次の年金に関する書類を記入する際に、必ず押印が必要となるものを選んでください ? ☆☆
※本人が自ら署名したものとする 

① 第三者行為事故状況届に係る「念書」の氏名欄
② 年金請求書における「公的年金等の受給者の扶養親族等申告書」の氏名欄 
③ 「未支給年金請求書」の氏名欄

d0132289_0243169.jpg

 A ② 年金請求書における「公的年金等の受給者の扶養親族等申告書」の氏名欄
point 年金請求書において、公的年金等の受給者の扶養親族等申告書のページを記入する際には、氏名横に必ず押印をします
なお、国民年金のみなど、源泉徴収等を要しない金額の年金である場合は、当該ページの記入は不要です
①の念書と③の未支給年金請求書は、本人が自ら署名する場合は、押印は不要です

by nenkin-matsuura | 2011-10-07 00:43 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんFAQ 書類の見方・書き方 編10

<Q1> 自損事故の場合のため相手方の欄は書かなくても良いですかね?(第三者行為事故状況届)

 <A1> そうですね 相手方の欄は空白で構いません

<Q2> 年金振込通知書が届いたが、説明された額と少し違います・・・

 <A2> 今回は退職(資格を喪失)したことによる額の変更のようです 定額部分が加算された旨の通知は後ほど送られてきます

<Q3> この額は年金の月額となるのですか?(裁定通知書・支給額変更通知書)

 <A3> 下の枠外に載っているのは期間と基金の加入月数によって分けられた平均標準報酬(月)額となり、年金額の計算のもとになりますが、年金額そのものではありません 右上の合計年金額の欄が年金額となります

by nenkin-matsuura | 2011-05-06 01:02 | ねんきんFAQ  | Trackback  

国民年金遺族基礎年金裁定請求書 (4)

国民年金遺族基礎年金裁定請求書 (様式第108号) 4ページ目 上部

d0132289_01129100.jpg死亡者の生年月日・住所・死亡日・死亡原因等について記入します

※請求には死亡診断書等を添付しますが、年金事務所の窓口等にて手続をする際に、当該部分(負傷の初診日、発生原因)について、記入を省略できる場合があります

「(7)死亡の原因は第三者の行為によりますか。」の欄について、「1 はい」の場合は、(8)の欄に、相手方の氏名・住所を記入し、第三者行為事故状況届・念書等も添付します

by nenkin-matsuura | 2011-01-26 00:44 | 書類の書き方( ..)φ | Trackback  

遺族給付裁定請求書(様式第105号) (4)

国民年金・厚生年金保険・船員保険遺族給付裁定請求書 (様式第105号) 
3ページ目 上部

d0132289_2471189.jpg当該「イ」の欄は必ず記入する個所になります

(2)~(7)の欄は、死亡診断書等の記載内容に沿って記入します

(7)の欄で「1 はい」にマルをつけた場合は、第三者行為事故状況届の添付が必要となります

(10)と(11)の欄について、死亡者が共済組合等からも年金を受給している場合は、その制度の管掌機関から交付された年金加入期間確認通知書と受給していた年金証書の写しも添付します

by nenkin-matsuura | 2010-10-15 02:58 | 書類の書き方( ..)φ | Trackback  

ねんきんFAQ 遺族年金 編7

<Q1> 昨年から遺族基礎年金を受給していますが、仕事をして他に収入を得ることについて、何か注意点などはありますでしょうか? (40代・女性)

 <A1> 遺族基礎年金であれば、収入が多くなったことによる年金額の停止はありません

<Q2> 姉の年金についてですが、遺族厚生年金を受給しており、65歳になって老齢基礎年金も受給し始めましたが、額が増えたのはわずかでした 国民年金を毎月掛けていたと思います その分が増えるのではないでしょうか? (60代・年金受給者の親族)

 <A2> 65歳になると、遺族厚生年金にプラスして国民年金(老齢基礎年金)も受給できることになりますが、お姉さまの遺族厚生年金には中高齢の加算(594,200円)が付いており、その額は65歳になると、経過的寡婦加算(257,600円:昭和18年10月生まれの場合)となって、約34万下がることとなります 今回であれば、それに老齢基礎年金の約50万円がプラスされ、トータルだと50万-34万で、年16万円の増となっています

<Q3> 事故での死亡の場合でも遺族年金は支給されますか? (ヘリの墜落)

 <A3> 事故の場合でも要件を満たせば、遺族年金(基礎・厚生・共済等)は支給され、申請には第三者行為事故状況届を添付します

by nenkin-matsuura | 2010-10-04 00:52 | ねんきんFAQ  | Trackback  

第三者行為事故状況届における事故証明書について

■ 第三者行為事故状況届における事故証明書について

第三者行為事故状況届に必ず添付する書類として、念書と「事故証明書」があります

事故が交通事故の場合は、交通事故証明書を添付しますが、警察署・損害保険会社・自動車安全運転センターなどに備え付けられている交通事故証明書交付申請書により、自動車安全運転センターにおいて交付証明を受ける必要あります

なお、警察へ届出をしなかったときや、事故から数年が経過したなど等のために事故証明書の交付が受けられない場合は、添付できない旨の理由書を添付します
また、列車事故・殺人等の場合などで、事故証明書がとれない場合は、当該事故を報道した新聞の写し等の事故内容や事故年月日の分かる書類を添付します

by nenkin-matsuura | 2010-08-23 00:43 | 年金 あれこれ | Trackback  

第三者行為による事故とされる場合

■ 第三者行為による事故とされる場合

① 交通事故の場合

1 自動車による事故
・一般的な事故
 交通事故は、第三者行為による事故のうち最も多いとされる
・特殊な事故
 事故を起こした自動車が逃走した場合(ひき逃げ)や、自賠責保険等にまったく加入していなかった場合(無保険車)のように被害者が何の補償も受けられない場合など
2鉄道・列車の事故
3その他の交通事故
 航空機が墜落した場合や船舶が転覆した場合など

② 職務上(労働者災害補償保険法の給付が行われる)事故の場合

③ 傷害、殺人、自殺等の場合
 通常、自殺は自損行為であるため、第三者行為による事故とはなりませんが自殺した者を自殺するまでに至らしめた第三者が明確であり、かつ、その第三者が自殺した者の遺族に対し損害賠償を行ったときは、第三者行為による事故となる(遺族年金などを請求する際に、第三者行為事故状況届を添付する)   

by nenkin-matsuura | 2010-08-16 00:48 | 年金 あれこれ | Trackback