タグ:特別支給の老齢厚生年金 ( 78 ) タグの人気記事

 

年金アドバイスv(∩.∩)v 466(期間短縮と繰上げ(65歳未満の場合))

◇ 期間短縮と繰上げ(65歳未満の場合)


受給資格期間が10年に短縮されたことにより、60歳以上65歳未満で10年以上の加入期間があれば、繰上げにより受給することも可能です。d(゚∀゚。)

すでに期間短縮用の年金請求書を提出していて繰上げの希望がある場合は、緑色の繰上げ請求書(様式第234号)にて繰上げ請求を行います。

なお、繰上げ請求を行った翌月分からの増となります。(いったん通常請求後の繰上げの場合年金証書は、特別支給の老齢厚生年金の額のみが記載されます。)

by nenkin-matsuura | 2017-09-06 04:25 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきんQuiz-第458問(受給権発生日)

Q 次のうち、受給権発生日が一番早い人を選んでください ? ☆☆
※繰上げは行わないものとする

① Aさん、昭和22年5月8日生まれ、男性、厚生年金保険に120月加入している
② Bさん、昭和32年6月29日生まれ、女性、厚生年金保険に320月加入している
③ Cさん、昭和27年9月3日生まれ、男性、国民年金を200月掛けている


d0132289_03491956.jpg


 A ② Bさん、昭和32年6月29日生まれ、女性、厚生年金保険に320月加入している
point ②のBさんの場合は、特別支給の老齢厚生年金の受給権が、平成29年6月28日に発生します。
なお、①のAさんは、期間短縮の施行日である29年8月1日に受給権が発生し、
また、③のCさんは、65歳となる29年9月2日に受給権が発生します。

by nenkin-matsuura | 2017-06-28 04:12 | ねんきんQuiz | Trackback  

年金担保融資を受けることができないケース

■ 年金担保融資を受けることができないケース


・平成26年12月1日以降に借入申込みをして任意繰上返済をし、融資決定時の完済予定日に到達していない場合
・生活保護を受けている場合
・年金担保融資を利用中に生活保護を受給し、23年12月1日以降に生活保護を廃止となり、5年を経過していない場合
・特別支給の老齢厚生年金を受けていた者で65歳時の年金決定手続き期間中の場合
・現況届または定期報告書が未提出または提出遅延の場合
・年金の支給が全額停止されている場合
・同一の年金で借入金残高がある場合
・反社会的勢力に該当する者、反社会的勢力と関係を有する者または反社会的勢力に類する行為を行う者
・その他、独立行政法人福祉医療機構の定めによる場合

by nenkin-matsuura | 2017-06-02 04:56 | 年金 あれこれ | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 448(在職中で年金が停止だった人が退職した場合)

◇ 在職中で年金が停止だった人が退職した場合


特別支給の老齢厚生年金や老齢厚生年金は、在職して厚生年金保険に加入している場合、報酬の額によっては全額または一部の停止となることがあります。( ・ὢ・ )

年金が全額または一部停止だった人が退職し、厚生年金保険の資格を喪失した場合は、その後、支給額変更通知により額が変わった旨の通知が届きます。その際の年金の手続きは必要ありません。

なお、額の改定については、退職した日から起算して、1月を経過した日の属する月から年金額を改定する(退職改定)となっています。

by nenkin-matsuura | 2017-05-03 17:08 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきんQuiz-第437問(高年齢雇用継続給付との調整)

Q 以下のうち、高年齢雇用継続給付との調整がある人を選んでください ? ☆☆
※すべて、高年齢雇用継続給付を受給しており、厚生年金保険の被保険者であるものとする

① Aさん、60歳、男性、年金はまだ受けていない
② Bさん、62歳、女性、特別支給の老齢厚生年金を受けている
③ Cさん、60歳、女性、遺族厚生年金を受けている

d0132289_03074505.jpg


              A ② Bさん、62歳、女性、特別支給の老齢厚生年金を受けている
point 厚生年金保険の被保険者で、かつ、特別支給の老齢厚生年金の受給者が雇用保険の高年齢雇用継続給付を受けているときは、年金の一部が支給停止となります。
支給停止となる額は、最大で標準報酬月額の6%にあたる額です。

by nenkin-matsuura | 2017-02-01 03:29 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんFAQ 特別支給の老齢厚生年金編26

<Q1> 知り合いがみんなもらっているようだから…もらった方がいいですか? (61歳、女性)

 <A1> はい、特別支給の老齢厚生年金は60歳からもらえます…遡って約1年分はまとめて戻ってきます

<Q2> 妻がもらったら私の年金は減りますか?

 <A2> 奥様の厚生年金保険の被保険者期間が20年未満の場合、特別支給の老齢厚生年金を奥様が受給しても、ご主人の年金は減りません…配偶者加給年金は奥様が65歳まで加算されます

<Q3> 在職中で停止の場合でも手続きはした方がいいんすよね?

 <A3> 手続きをしたから額が減ることはありません…繰上げとは違います

by nenkin-matsuura | 2017-01-16 00:41 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんFAQ 特別支給の老齢厚生年金編25

<Q1> 公務員共済独自項目のところがわからなくて…(特別支給の老齢厚生絵年金を請求、地共済からの年金を受給中)

 <A1> はい、すでに特別支給の退職共済年金を受給されていて…公務員共済独自項目のところは書かずにそのままで大丈夫です…

<Q2> もらうつもりはないんですけど…出していた方がいいでしょうか?

 <A2> はい…在職中により全額支給停止ですが、提出していただいて…裁定請求をしておけば、資格喪失や65歳時に通知が届きます

<Q3> 年金請求書が届きましたが、60歳からもらうと少なくなるんでしょ…

 <A3> 31年生まれの女性だと、報酬比例部分は60歳から受給でき、もらったから65歳時の額が下がるということはありません…

by nenkin-matsuura | 2016-10-03 00:25 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんQuiz-第411問(退職改定)

Q 次のうち、年金額が改定となる人を選んでください ? ☆☆
※全て、特別支給の老齢厚生年金を受給中の者とする

① 雪さん、7月31日に退職(厚生年金保険に加入していた)、8月10日に再就職(厚生年金保険に加入)
② 月さん、6月30日に退職(厚生年金保険に加入していた)、その後は何も加入せず(1か月経過)
③ 花さん、7月31日に退職(厚生年金保険には加入していなかった)

d0132289_03033210.jpg


 A ② 月さん、6月30日に退職(厚生年金保険に加入していた)、その後は何も加入せず(1か月経過)
point 特別支給の老齢厚生年金等の受給者が、厚生年金保険に加入しており、その後退職(資格喪失)となり1か月を経過したときは、退職した翌月分から年金額が改定されます(退職改定)
なお、①の雪さんは、退職後1か月以内に再就職しており、引き続き従前の額のままとなり、その後資格喪失し1か月経過か65歳になった際に今までかけていた分が改定されプラスとなります
また、③の花さんはもともと厚生年金保険に加入していないため、退職による額の変動はありません

by nenkin-matsuura | 2016-08-10 03:18 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんFAQ 年金の受け取り編17

<Q1> 5月で65歳ですけど、6月に届いた通知の額は変わっていませんでした…

 <A1> 6月・7月分は8月15日の支払のため、その前に増額となった旨の通知が届きます

<Q2> 65歳かもらうつもりでしたが、6月15日の分は?

 <A2> 61歳から、特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)が支給されます 在職中のため、一部停止となっていますが… 65歳時には繰下げの意思確認を兼ねたはがき(年金請求書)が送られてきます

<Q3> 郵便局の窓口受取にしていますが、送金通知書を紛失してしまった… (国民年金・厚生年金送金通知書の紛失)

 <A3> ゆうちょ銀行の支払店(郵便局)にて手続きを行ってください…

by nenkin-matsuura | 2016-06-20 00:10 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんQuiz-第380問(一元化)

Q 次のうち、特別支給の老齢厚生年金の受給権がある人を選んでください ? ☆☆

① Aさん、62歳、厚生年金保険を8月、国民年金を400月掛けている
② Bさん、63歳、厚生年金保険に5月、共済組合に420月加入している
③ Cさん、62歳、厚生年金保険に50月、共済組合に100月加入している(カラ期間なし)

d0132289_00173236.jpg


    A ② Bさん、63歳、厚生年金保険に5月、共済組合に420月加入している
point 厚生年金保険と共済組合の加入月数の合計が12月以上あり、受給要件(合計300月以上)を満たしていれば、特別支給の老齢厚生年金が受給できます
なお、上記例の場合は、平成27年10月1日が受給権発生日となります(法改正による)


by nenkin-matsuura | 2016-01-07 00:36 | ねんきんQuiz | Trackback