タグ:振替加算 ( 74 ) タグの人気記事

 

年金請求書(短縮用)(16ページ目)

年金請求書(短縮用)」(16ページ目)


振替加算の該当者のみ記入します。
黒の太枠内を記入します。

・「ご本人(年金を受ける方)の年収は850万円(所得655.5万円)未満ですか。」については、「はい」か「いいえ」に丸を付けます。

850万円未満の場合は、その額がわかる所得証明書などを添付します。

なお、振替加算が加算されるには、本人は厚生年金保険が20年未満で、配偶者は20年以上加入しているなどの条件があります。(ほかにも本人及び配偶者が一定の年齢に到達、などの要件を満たす必要あり)

by nenkin-matsuura | 2017-10-17 00:03 | 書類の書き方( ..)φ | Trackback  

ねんきんQuiz-第472問(繰下げ)

Q 繰下げについて、〇か×かで答えてください ? ☆☆

① 繰下げ待機中に死亡した場合は、未支給請求者に対し、65歳の本来請求で決定された年金額が未支給年金として支払われる 〇 or ×
② 遺族厚生年金の受給権がある場合でも繰下げできる 〇 or ×
③ 振替加算は繰上げをしても増額とならない 〇 or ×


d0132289_21094661.jpg


                                    A ① 〇 ② × ③ 〇
point
① 繰下げ待機中に死亡した場合は、未支給請求者に対し、65歳にさかのぼり本来請求で決定された年金額が未支給年金として支払われます。
② 遺族厚生年金や障害厚生年金などの他の年金の権利があるときは繰下げはできません。(老齢厚生年金の繰下げの場合の障害基礎年金を除く)
③ 振替加算や配偶者加給年金額は繰下げをしても増額の対象となりません。

by nenkin-matsuura | 2017-10-12 00:05 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんFAQ 加給年金・振替加算額編23

<Q1> 私は共済組合で、家内は厚生年金保険と第3号被保険者の期間があります・・ひょっとしたら振替加算に該当しますか?

 <A1> お互い共済組合や厚生年金保険に20年以上(240月以上)加入していると、振替加算はありません。

<Q2> 妻のほうが年上で、私が65歳の時に手続きが必要ですか?

 <A2> はい、ご主人様の65歳の誕生日前日以降に戸籍謄本や世帯全員の住民票、奥様の所得証明書などを添えて、振替加算の手続きが必要です。

<Q3> 私は15年しか厚生年金保険に加入していないのに…近所の年下の人は同じくらい働いて、振替加算ももらっているようです…(昭和22年2月生まれ)

 <A3> 中高齢者の特例があり、35歳以降15年(180月)以上の厚生年金保険の加入があると、振替加算は加算されません…(老齢厚生年金は増えるが…)

by nenkin-matsuura | 2017-10-02 00:03 | ねんきんFAQ  | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 469(振替加算の要件など)

◇ 振替加算の要件など


老齢厚生年金や障害厚生年金に加算されている配偶者加給年金額は、配偶者が65歳になるまで加算され、配偶者が65歳になった後は、配偶者の老齢基礎年金に振替加算として加算されます。(振替加算の対象者が年上の場合は、定額部分支給開始など要件を満たした際に手続きが必要)

65歳時(または65歳以降に、配偶者が定額部分発生時)の支給額変更通知書の裏面下部の国民年金(基礎年金)の欄の「加給年金額または加算額」の項目に数字が入っていればその額が振替加算の額になります。

なお、どちらか(または双方)が旧法の対象者である場合や、お互い20年以上(中高齢者の特例は15年~19年)の厚生年金保険の加入がある場合などは振替加算は加算されません。(;´・Д・)

by nenkin-matsuura | 2017-09-27 00:05 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきんQuiz-第469問(振替加算)

Q 以下の3人のうち、振替加算の対象となる人数を選んでください ? ☆☆
※他の要件は満たしているものとする。

・Aさん:本人と配偶者ともに厚生年金保険に25年以上加入している
・Bさん:本人は国民年金に30年、配偶者は厚生年金保険に20年以上加入しており、配偶者は旧法の年金を受給している(大正13年生まれ)
・Cさん:本人は国民年金に40年(納付)、配偶者は厚生年金保険に40年加入している

① 0人
② 1人
③ 2人

d0132289_21005571.jpg

                                     A ② 1人
point Cさんは振替加算の要件に該当します。
なお、Aさんは、お互い厚生年金保険に20年以上加入のため、振替加算の要件に該当しません。
また、Bさんは、配偶者が旧制度(旧法)の適用を受けるため、振替加算の要件に該当しません。

by nenkin-matsuura | 2017-09-20 00:02 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第463問(振替加算)

Q 8月10日までが期限となる書類を以下のうちから選んでください ? 

① 生計同一関係に関する申立書
② 生計維持関係現況書
③ 扶養親族等申告書


d0132289_05382873.jpg


                            A ② 生計維持関係現況書
point 生計維持関係現況書は、平成29年8月1日から同年8月10日までの間に提出する必要のある書類です。期間短縮用の年金請求書を提出し、かつ、振替加算等の要件に該当する場合は、法改正となる8月1日時点での生計維持関係を確認するために同現況書の提出が必要です。

by nenkin-matsuura | 2017-08-09 05:51 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第461問(期間短縮)

Q 以下の3つのキーワードに最も関連のある書類を①~③より選んでください ? ☆☆

「振替加算」、「期間短縮」、「8月10日まで」

① 扶養親族等申告書
② 生計維持関係現況書
③ 受診状況等証明書

d0132289_03204071.jpg


                                 A ② 生計維持関係現況書
point 「期間短縮」用の年金請求書を提出しており、「振替加算」が加算される場合は、『生計維持関係現況書』(振替加算用)を平成29年8月1日から同年「8月10日まで」に提出する必要があります。
なお、同現況書の届がなかった場合は、振替加算の加算なしにていったん年金額が決定され、振替加算を付けるために生計維持の確認のための書類(戸籍謄本、世帯全員の住民票、所得証明書など)の提出が再度必要となることがあります。

by nenkin-matsuura | 2017-07-26 03:43 | ねんきんQuiz | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 459(生計維持関係現況書が届いた場合(期間短縮))

◇ 生計維持関係現況書が届いた場合(期間短縮)


老齢年金の受給資格期間が10年へ短縮となったことにより、短縮用の年金請求書を年金事務所等へ提出し、かつ、振替加算が加算となるときは、「生計維持関係現況書」が送られてくる場合があります。(´。•ㅅ•。`)

平成29年8月1日時点での生計維持関係を確認するため、生計維持関係現況書が届いた場合は、必要事項を記入し、8月1日から8月10日までの間に返信用の封筒にて提出をする必要があります。

もし、提出がなかった場合は加算額なしにて年金が決定するため、加算を付けるには、再度添付書類(戸籍謄本、世帯全員の住民票、所得証明書など)が必要となります。

by nenkin-matsuura | 2017-07-20 04:17 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきんFAQ 年金の受け取り編20(10年短縮)


<Q1>
 今年の10月以降の受取りということですが、何か通知はあるんでしょうか?

 <A1> はい、まずは年金証書が送られてきます。その後、お支払いの前に通知(振込通知書)が送られてきます。

<Q2> もう一回手続きがあるというのは?

 <A2> 振替加算がプラスされますが、29年8月1日時点での生計維持関係を確認するための届が必要です。

<Q3> 10年に法律が変わって年金がもらえるんですが、繰下げにするとどうなりますか?

 <A3> 繰下げにすると増額して年金をもらえますが、手続きは30年8月1日以降に行う必要があります。(老齢基礎年金・老齢厚生年金の両方の繰下げ)

by nenkin-matsuura | 2017-05-22 00:02 | ねんきんFAQ  | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 444(期間短縮用の年金請求書(振替加算))

◇ 期間短縮用の年金請求書(振替加算)


老齢年金の受給資格期間が10年(120月)へ短縮されることに伴って、対象者には黄色の年金請求書が順次発送されています。
もし、配偶者が厚生年金保険(共済組合等)に20年以上加入していた場合は、要件を満たすと老齢基礎年金に振替加算がプラスされます。( ^-^)

期間短縮用の年金請求書を提出後、平成29年8月1日時点の生計維持関係を確認するため、「生計維持関係現況届(振替加算用)」が送付されてきたら、記入の上提出が必要です。

by nenkin-matsuura | 2017-04-05 03:58 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback