タグ:扶養親族等申告書 ( 76 ) タグの人気記事

 

年金アドバイスv(∩.∩)v 436(厚生年金基金の代行返上に伴い、年金額が158万円(65歳未満は108万円)以上となった場合)

◇ 厚生年金基金(企業年金)の代行返上に伴い、年金額が158万円(65歳未満は108万円)以上となった場合


厚生年金基金が代行返上となると、それまで別々に支払われていた年金のうち代行部分が国(年金機構)より支払われることとなります

代行返上となり、年金額が一定額以上(65歳未満は108万円、65歳以上は158万円)となると、年金額より所得税額が控除されることがあります(。・ω・。)

例えば、
年金機構より120万、企業年金より50万の代行部分を受給していた場合・・
代行返上により、年金機構からの年金額が170万となると所得税の控除の対象となります

なお、対象者には扶養親族等申告書が送られてきますが、支払のスケジュールなどにより、いったん各種控除なしにて税金がかかることもあります。

by nenkin-matsuura | 2017-02-08 04:38 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきんFAQ 公的年金等の源泉徴収票 編10

<Q1> 公的年金等の源泉徴収票がない・・

 <A1> 年金事務所の窓口にて、再交付を受けることが可能です。本人確認ができる免許証や年金の番号がわかる振込通知書や年金証書などが必要です。

<Q2> 提出されていない方の欄に年金額が記載されていますが・・(所得税法第203条第4号適用分)

 <A2> 年金額が158万未満のため、もともと扶養親族等申告書の提出は必要ありません。(提出されていない方の欄に年金額が表示される。)

<Q3> 昨年、年金から個人住民税も控除されていますが

 <A3> 年金から控除された個人住民税は所得税の控除対象とされておらず、平成28年分公的年金等の源泉徴収票には記載されません。

by nenkin-matsuura | 2017-02-06 00:03 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんFAQ 書類の見方・書き方編26

<Q1> 妻は年金の収入があるけど…書き方がわかりません(公的年金等の受給者の扶養親族等申告書)

 <A1> 65歳以上の場合もらっている額から120万を引いた額になります 85万が受給額ならば、120万を引くと(85万-120万)、マイナスとなってしまうため、「0」円と記入します

<Q2> 8月頃届いたはがきには、10月に13,000円と書かれていたような…

 <A2> おそらく、8月に届いたのはねんきん定期便で、控除された厚生年金保険料の額が記載されていたもので、9月お生まれの場合、10月分から支給されますが、支払となるのは早くて12月からです(10月と11月分が12月15日に支払い)

<Q3> (請求者との続柄)は、本人と書くのですか?(遺族年金の年金請求書)

 <A3> 生計維持証明の欄は、住所と氏名だけ書いて、右の枠内に氏名と妻とご記入ください

by nenkin-matsuura | 2017-01-02 21:10 | ねんきんFAQ  | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 425(扶養親族等申告書の再提出)

◇ 扶養親族等申告書の再提出


29年分公的年金等の扶養親族等申告書において、前年に扶養親族ありで今回変更なしにチェックを入れ、扶養親族の氏名等を記入しなかった場合は、再度扶養親族等申告書が送られてきますΣ(゚ロ゚;)

前年の申告内容から変更がない場合
 … 控除対象配偶者、控除対象扶養親族欄に平成28年分欄に表示されている扶養親族(数字で表示)と同じ人数の氏名等を記入します。

前年の申告内容から変更がある場合
 … 控除対象配偶者、控除対象扶養親族欄に正しい内容を記入します(扶養親族ではなくなった場合は記入しない)

by nenkin-matsuura | 2016-11-23 18:16 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 415(扶養親族等申告書(平成29年の見積額を記入))

◇ 扶養親族等申告書(平成29年の見積額を記入)


平成29年分公的年金等の受給者の扶養親族等申告書が送付されていますが、来年である平成29年の見積もった状況を記入するようになっています(*´エ`*)ノ

判定の要素となる年齢
 … 平成29年12月31日の現況による

判定の要素となる所得金額
 … 申告書を提出する日の現況により見積もった平成29年の合計所得金額による

例えば、
昭和22年5月10日生まれの配偶者を扶養しているときは…
平成29年中に70歳となるため、老人にマルを付けます


by nenkin-matsuura | 2016-09-15 03:46 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきんFAQ 扶養親族等申告書編17

<Q1> 扶養親族等申告書の書き方で…所得の金額の計算方法が載っていなくて…妻は40万ほどの年金だけです…

 <A1> 65歳未満だと70万の公的年金等控除額を引いて…マイナスとなるため、0円で大丈夫です

<Q2> 変更なしなんですけど、妻の氏名等も書いた方がいいですか?

 <A2> はい、奥様の氏名等もお書きください…

<Q3> 息子は障害基礎年金の2級をもらっていますが、身体障害者手帳は1級です…どちらの級を書いた方がいいですか?

 <A3> 身体障害者手帳の級や交付日などを摘要の欄にご記入ください…

by nenkin-matsuura | 2016-09-12 01:07 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ちょっとお得な年金情報 受給者編その78(扶養控除申告書提出による各種控除額)

“扶養控除申告書提出による各種控除額”


所得税の課税対象となる老齢の年金額(65歳以上は158万円以上、65歳未満は108万円以上)を受けられている場合、公的年金等の受給者の扶養親族等申告書が送付されています

同扶養親族等申告書の提出の有無により源泉徴収税率が変わるほか、提出により各種控除を受けることができます

控除の種類としては、
・公的年金等控除、基礎控除相当
  …65歳未満は1か月分の年金支払額×25%+65,000円(最低額9万円)
  …65歳以上は1か月分の年金支払額×25%+65,000円(最低額13万5千円)
・配偶者控除…32,500円
・老人控除対象配偶者相当…40,000円
・扶養控除…32,500円×人数
・特定扶養親族控除…52,500円×人数
・老人扶養親族控除…40,000円×人数
・普通障害者控除…22,500円×人数
・特別障害者控除…35,000円×人数
・同居特別障害者控除…62,500円×人数
・寡婦控除…22,500円
・特別寡婦控除…30,000円
・寡夫控除…22,500円
などがあります

by nenkin-matsuura | 2016-09-09 03:40 | ちょっとお得な年金情報 | Trackback  

ねんきんQuiz-第415問(扶養親族等申告書:摘要の欄)

Q 扶養親族等申告書において、摘要欄を記入する必要がある人を以下のうちから選んでください ? 

① Aさん、老人控除対象者を扶養している
② Bさん、障害のある子を扶養している(身体障害者手帳1級)
③ Cさん、扶養親族はいない


d0132289_04312780.jpg


    A ② Bさん、障害のある子を扶養している(身体障害者手帳1級)
point 本人や扶養親族が障害者の場合や扶養親族との住所が違うときなどは摘要欄も記入します
例えば、「○○は、身体障害者手帳(1級、平成○年○月○日交付)」など


by nenkin-matsuura | 2016-09-08 04:46 | ねんきんQuiz | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 414(扶養親族等申告書(所得の計算方法))

◇ 扶養親族等申告書(所得の計算方法)


平成29年分公的年金等の受給者の扶養親族等申告書が対象者へ送付されていますが、29年中の所得の見積額が38万以下の者を扶養しているときは、その氏名や所得の種類・所得金額を記入するようになっています( ゚x゚)ノ

所得の種類ごとに所得の計算方法があります
・収入が公的年金の場合
 65歳未満(年金額が130万円未満の場合)…公的年金等控除額=70万円
 65歳以上(年金額が330万円未満の場合)…公的年金等控除額=120万円

・収入が給与の場合
 給与の収入が180万円以下の場合…給与所得控除額=給与×40%(65万に満たない場合は65万円)

ほかには不動産所得や事業所得、雑所得(個人年金)などがあり必要経費を控除できますが、詳しい計算式は税務署等へお尋ねください。

by nenkin-matsuura | 2016-09-07 03:41 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきんFAQ 扶養親族等申告書編16

<Q1> 平成29年分公的年金等の受給者の扶養親族等申告書の書き方がわかりません…昨年と変更なしですが、妻の氏名も書いた方がいいですか?

 <A1> 昨年と変更なしでも奥様の氏名等をご記入ください

<Q2> 扶養親族等申告書が届いていますが、母を扶養としていて…健康保険の扶養と同じですか?

 <A2> 健康保険の扶養の基準である180万円とは別です

<Q3> 子は障害厚生年金の2級をもらっていて、額は150万ほどですが…(他は収入無し)

 <A3> 障害厚生年金は非課税所得となるため、収入には含まれず、扶養とすることは可能です

by nenkin-matsuura | 2016-09-05 00:52 | ねんきんFAQ  | Trackback