タグ:年金証書 ( 65 ) タグの人気記事

 

ねんきんFAQ 年金の受け取り編20(10年短縮)


<Q1>
 今年の10月以降の受取りということですが、何か通知はあるんでしょうか?

 <A1> はい、まずは年金証書が送られてきます。その後、お支払いの前に通知(振込通知書)が送られてきます。

<Q2> もう一回手続きがあるというのは?

 <A2> 振替加算がプラスされますが、29年8月1日時点での生計維持関係を確認するための届が必要です。

<Q3> 10年に法律が変わって年金がもらえるんですが、繰下げにするとどうなりますか?

 <A3> 繰下げにすると増額して年金をもらえますが、手続きは30年8月1日以降に行う必要があります。(老齢基礎年金・老齢厚生年金の両方の繰下げ)

by nenkin-matsuura | 2017-05-22 00:02 | ねんきんFAQ  | Trackback | Comments(0)  

年金アドバイスv(∩.∩)v 449(農林年金への請求手続き)

◇ 農林年金への請求手続き


農林漁業団体職員共済組合に対し、特例老齢農林年金や特例老齢農林一時金の請求を行う際には、年金証書の写しまたは年金加入期間確認通知書が必要になる場合があります。〆(・ω・o)

年金証書については、特別支給の老齢厚生年金などの裁定請求を行い、その後送付されてくる証明書になります。もし、紛失等の場合は、再交付を受けることもできます。

また、年金加入期間確認通知書については、年金事務所の窓口等にて申込が必要です。同通知には年金の加入歴が記載されており、後日の交付となります。

by nenkin-matsuura | 2017-05-10 04:21 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback | Comments(0)  

年金アドバイスv(∩.∩)v 370(年金額が高い方を選択する場合)

◇ 年金額が高い方を選択する場合(年金受給選択申出書)

特別支給の老齢厚生年金と遺族厚生年金など違う種類の年金の受給権があるときは、そのどちらか一方を選択する必要があります(65歳以降を除く)

選択の際には「年金受給選択申出書」を記入しますが、その方法としては…
・ ア 国から支給される年金額を比較して、年金額が高い方を選択する
・ イ 選択する年金を具体的に指定する
の二通りがあります

例えば、
特別支給の老齢厚生年金が年300,000円(基金なし)、
遺族厚生年金が年1,200,000円の場合、
アの国から支給される年金額を比較して、年金額が高い方を選択するに丸を付けたときは、
年金受給選択申出書の③選択する年金の年金証書の年金コードの欄は「1450」、
④選択する年金以外の年金証書の年金コードの欄は「1150」
と記入します(。ゝω・)ゞ

by nenkin-matsuura | 2015-10-29 00:09 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback | Comments(0)  

障害年金の手続・仕組みなど 第96回

◆ 年金証書が送付されてきたら(障害等級と次回診断書提出年月)

障害基礎年金や障害厚生年金の裁定請求により、年金受給が決定すると、年金証書が送付されてきます

年金証書には、基礎年金番号・年金コード、氏名、生年月日、受給権を取得した年月とともに年金額、その計算のもととなった月数などが記載されています

また、年金証書の右下のほうには、障害の等級、診断書の種類、次回診断書提出年月が記載されています
もしも診断書の種類が「1」で、かつ、次回診断書提出年月の欄が「***」となっているときは、今後診断書の提出は不要です

by nenkin-matsuura | 2014-09-22 00:23 | 障害年金の手続・仕組みなど | Trackback | Comments(0)  

年金アドバイスv(∩.∩)v 311

◇ 12か月加入で受給権が発生した際の年金証書

特別支給の老齢厚生年金は、老齢基礎年金の受給資格期間(300月)を満たしており12か月以上の厚生年金保険の加入があるときに権利が発生します(65歳まで)
裁定請求を終えると年金証書が送付されてきますが、60歳以降(昭和28年4月2日以降の男子は61歳)に受給権が発生し、継続して厚生年金保険に加入している場合、年金証書には受給権発生時の12か月加入した時点での額や月数が記載されます

例えば、
Aさん、昭和25年4月10日生まれ、男性、38年間共済組合に加入後、60歳から厚生年金保険に加入した場合は…
12か月加入となった61歳時から特別支給の老齢厚生年金の受給権が発生します
もし、継続して厚生年金保険に加入中で64歳時に裁定請求を行った場合、年金証書は、48月ではなく12月と記載されます

なお、上記のAさんが65歳まで厚生年金保険に加入した場合は、65歳時に額の改定が行われ、厚生年金保険に5年間加入したものとして年金額が変更となります(年金証書は最初の12月のままで、支給額変更通知書にて60月で計算された年金額、月数等が通知されます)

by nenkin-matsuura | 2014-09-10 00:38 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback | Comments(0)  

年金アドバイスv(∩.∩)v 303

◇ 農林共済から厚生年金保険への統合の際における年金証書の再交付

旧農林漁業団体職員共済組合の年金給付等の事業は、平成14年4月1日をもって厚生年金保険に統合されています 
その際にすでに農林共済組合から年金を受給していた場合は、厚生年金保険への統合に伴う再交付として共済年金証書が社会保険庁長官より送付されていますヽ|・ω・|ゞ

平成14年4月1日付で再交付された年金証書には、照会番号・年金の種類・基礎年金番号・年金コード(1170など)・年金受給権者氏名・受給権取得年月日・支給開始月・年金額・加給年金額該当者の有無などが記載されています

by nenkin-matsuura | 2014-07-16 00:04 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback | Comments(0)  

年金アドバイスv(∩.∩)v 297

◇ 年金証書と一緒に送付される「年金を受給される皆様へ」

年金の裁定請求や記録訂正(再裁定)などにより、後日、年金証書とともに「年金を受給される皆様へ」が送付されてきます

年金を受給される皆様へは、
老齢基礎年金・老齢厚生年金用、遺族基礎年金・遺族厚生年金用、旧法などその他用(母子年金・遺児年金)など年金の種類によって内容が異なります

その内容は、受給者となった後に必要な届出・手続き(「こんなときには、この手続きを!」)についてや、年金額の計算式などが記載されています

by nenkin-matsuura | 2014-06-04 00:11 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback | Comments(0)  

年金受給権者氏名変更届

「年金受給権者氏名変更届」

年金受給権者の氏名およびフリガナを変更する際に提出します

① 基礎年金番号および年金コード(1150・1450など)を記入します

② 生年月日を記入します(年月日が1ケタの場合は05月などのように前に0を入れます)

③ 変更後の氏名およびフリガナを記入します

ア 変更前の氏名およびフリガナを記入します

イ 変更の理由を記入します(dその他:口座のフリガナに合わせるためなど)

④ 受給者の住民票コードを記入します(住民票コードは市区町村の窓口等で確認でき、住民票コードを記入することによって戸籍抄本(住民票)の添付を省略できます)

下の枠外 受給権者の住所氏名等を記入します

添付書類としては、
 ・年金証書(ない場合は添付できない旨の事由書を記入します)
 ・戸籍抄本または住民票(④欄に住民票コードを記入することによって添付を省略できます)

同時に口座の名義(フリガナ)が変わるときは支払機関変更届も提出します

by nenkin-matsuura | 2014-04-15 00:40 | 書類の書き方( ..)φ | Trackback | Comments(0)  

ねんきんQuiz-第259問

Q 以下の3つのワードから連想される色を、次のうちから選んでください ? 

「年金証書」 「年金請求書(様式第101号)」 「年金手帳」

① 青色(水色)
② 黄色
③ 緑色

d0132289_38219.jpg

                                           A 青色(水色)
point 年金証書は、年金の裁定請求を行った後に送付されてくるもので、上部が青色(新法)となります
事前送付型ではない年金請求書(様式第101号)は水色(薄い青色)です
年金手帳は、平成9年1月以降は青色となります(それ以前はオレンジ色、国民年金手帳は茶色など)

by nenkin-matsuura | 2013-09-05 03:26 | ねんきんQuiz | Trackback | Comments(0)  

ねんきんnews 2013年7月号

 年金受給権の時効を撤廃した特例法に沿って「未払い年金」の支給を申請した対象者が、年金給付を行う旧社会保険庁およびその後継の日本年金機構による同法解釈の誤りによって、支払いを拒否されていたことが6日、分かった。厚生労働省と年金機構関係者が明らかにした。時効撤廃特例法は、本人の故意や過失で年金の請求が遅れても、年金受給資格がわかる記録訂正があれば支払い義務があるとするが、拒否していた時期があった。厚労省は年金機構に対して、支給業務を適切に行ってきたかどうか調査を求める方針だ。

年金時効特例法により、記録訂正による増額分については、時効(5年)によって消滅した分も含めて支払われます
なお、既に年金を受給されている場合で記録が訂正(追加)されると、新たに年金証書が作成されます

by nenkin-matsuura | 2013-07-19 00:12 | ねんきんnews | Trackback | Comments(0)