タグ:任意加入 ( 61 ) タグの人気記事

 

ねんきんFAQ 加入記録編25

<Q1> 夫が会社員で厚生年金保険に加入しているので、私も厚生年金保険になるんじゃないんですか?

 <A1> 扶養となっておられる奥様は、第3号被保険者で国民年金の加入となります。

<Q2> 新聞の記事を見ましたが、祖母は海軍工廠にて勤務していたようです。その年金をもらえるのでは?

 <A2> 旧令共済組合として年金額(定額部分)がプラスとなるときがありますが、国民年金(旧法の老齢年金)のみの場合は対象外になります。

<Q3> 国民年金の任意加入をして、さらに国民年金基金にも加入できると聞きましたが・・

 <A3> 任意加入できるのは過去に空白があり満額ではない場合です。20歳から60歳までの期間にて満額となる480月納付されている場合は任意加入ができません。

by nenkin-matsuura | 2017-07-18 02:13 | ねんきんFAQ  | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 451(任意加入が終了したとき(満額到達))

◇ 任意加入が終了したとき(満額到達)


受給資格期間を満たすためや老齢基礎年金の額を増やすためなど、60歳以降に国民年金の任意加入をすることができます。

満額(480月)に到達した場合など、任意加入の期間が終了したとき等は、はがき(国民年金の加入期間終了と国民年金の加入月数のお知らせ)が送られてきます。ヽ(〃´∀`〃)ノ

なお、当該はがきには、基礎年金番号や国民年金の納付月数とともに終了した日(資格喪失日)も記載されています。(その場合の終了時の手続きは不要)

by nenkin-matsuura | 2017-05-24 04:11 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 447(65歳以上で国民年金の任意加入をしている場合)

◇ 65歳以上で国民年金の任意加入をしている場合(10年短縮)


受給資格期間を満たすため、65歳以降に国民年金に任意加入することができるところ、平成29年8月1日より、受給資格期間が25年から10年に短縮となります。(。・x・)ゞ

65歳以降に任意加入をしており、受給資格期間が10年以上ある場合は、29年8月をもって任意加入の資格を喪失し、国民年金の保険料を納付できるのは29年7月分までとなります。

なお、前納をしている場合は、29年8月分以降の保険料は還付となります。(65歳以上で任意加入の場合)

by nenkin-matsuura | 2017-04-27 03:33 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 439(国民年金の加入期間終了と国民年金の加入月数のお知らせ)

◇ 国民年金の加入期間終了と国民年金の加入月数のお知らせ(はがき)


国民年金の被保険者が60歳になると、「国民年金の加入期間終了と国民年金の加入月数のお知らせ」(はがき)が送られてきます。

当該ハガキには、おもての下部には国民年金の加入月数が表示されていますが、厚生年金保険や共済組合の加入月数は表示されません。(´;Д;`)

また、裏面には、年金の受け取り方や任意加入制度についての記載があります。
任意加入については、60歳から65歳までの最大60か月加入することが可能です。(480月の上限あり)

by nenkin-matsuura | 2017-03-02 04:02 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきんFAQ カラ期間編16

<Q1> 母の年金が少ないような…あまりかけていなかったせいですか?

 <A1> 国民年金の第1号被保険者と第3号被保険者で15年ほど、あとは10年間のカラ期間にて受給権が発生していますが、カラ期間は期間のみで額の計算には含まれません

<Q2> 結婚して、昭和61年まではカラ期間となるそうですが、額を増やすためには?
 
 <A2> 60歳から65歳までの5年間に任意加入し、老齢基礎年金を増やす方法があります あと…65歳以降に繰下げにて額を増やす方法もあります

<Q3> 戸籍謄本を取りました…(障害基礎年金の請求)

 <A3> 婚姻から昭和61年3月までの国民年金の任意未加入期間は、除いて受給資格期間を計算します…

by nenkin-matsuura | 2016-10-31 00:45 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんFAQ 加入記録編23

<Q1> 父のもらい忘れた分は母の方へ?

 <A1> はい、標準報酬月額が増えることによって、老齢厚生年金(報酬比例部分)も増えることになりますが、5年以内の分はそのまま戻り、5年より前の期間については、利息が付いたうえで未支給年金としてお母様へ支払われます

<Q2> 大学から在籍期間証明書を取り寄せました…

 <A2> はい、20歳以降の33月分がカラ期間としてプラスできます 現在250月の納付にプラス33月で283月となり、あと17月分を国民年金の任意加入にて納付だと受給権が発生します…

<Q3> 通知書が届いたけど、厚生年金保険の月数が合わないですよ… (支給額変更通知書、63歳)

 <A3> 今回は標準賞与額の記録による通知ですが、記載されている月数は60歳時点の月数が記載されます もし、65歳まで厚生年金保険に加入の時は、65歳の改定時に月数がプラスされることになります(60歳から65歳の60月分がプラス)

by nenkin-matsuura | 2016-05-30 01:11 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんQuiz-第379問(繰上げ)

Q 繰上げのデメリットについて、次の①~③を○か×かで答えてください ? ☆☆

① 繰上げ請求後は、事後重症による障害基礎年金が請求できなくなる ○ or ×
② 繰上げ請求後も国民年金の任意加入は可能である ○ or ×
③ 老齢基礎年金を繰上げて請求すると、「0.5%×繰上げ請求月から65歳になる月の前月までの月数」で計算した減額率に応じて減額される ○ or ×

d0132289_23520150.jpg

                                  A ① ○ ② × ③ ○
point
① 繰上げ請求後は、事後重症などによる障害基礎年金を請求できなくなります
② 繰上げ請求後に国民年金の任意加入をすることはできず、また保険料の追納もできなくなります
③ 月単位の0.5%刻みの率にて減額率が計算されます

by nenkin-matsuura | 2015-12-29 00:13 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第378問(任意加入)

Q 次のうち国民年金の任意加入が可能な人の数を選んでください ? 

花さん、60歳、過去に1年間未納期間あり、今は厚生年金保険に加入中
鳥さん、60歳、過去に7年未加入期間あり、今は何も加入していない
風さん、63歳、未納・未加入期間なし、今は何も加入していない、特別支給の老齢厚生年金を受給中
月さん、62歳、過去に6年間未納期間あり、今は何も加入していない、老齢基礎年金を繰上げ受給している

① 0人
② 1人
③ 2人
④ 3人

d0132289_23233358.jpg


                                       A ② 1人
point 鳥さんは任意加入が可能です
60歳から65歳までの間に厚生年金保険(共済組合)に加入しておらず、20歳から60歳までの間に未納や未加入期間があり、繰上げ受給をしていない場合は、国民年金の任意加入にて老齢基礎年金の額を増やしたり、受給資格期間にプラスすることが可能です
なお、申込をした月からの加入となります(原則、口座振替での納付)


by nenkin-matsuura | 2015-12-24 00:01 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんFAQ 保険料編13

<Q1> 給料から保険料引かれているから…私が勤めている限りは妻は第3号被保険者で、掛けていることになるんでしょ?(夫67歳、妻62歳)

 <A1> 奥様が第3号被保険者となるのは奥様が60歳までです…今は健康保険のみの扶養となられています

<Q2> ねんきん定期便を見たら、3月だけが空いているみたいです…(3月で60歳到達、4月に任意加入の申込み)

 <A2> 通常、国民年金保険料は誕生月の前月までで誕生月は支払わなくてもよいですが、誕生月の翌月から任意加入をされています 任意加入は申込月からとなるため、60歳の到達月の3月のみは空いた形になります…

<Q3> 年金をもらうようになると介護保険料が引かれるんでしょ?(61歳)

 <A3> 介護保険料が控除されるのは65歳からです…今回手続きをされた特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)から介護保険料は控除されません…

by nenkin-matsuura | 2015-09-14 00:27 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんQuiz-第363問(任意加入)

Q 国民年金の任意加入が可能な人を次のうちから選んでください ? 

① 南波さん、45歳、現在第3号被保険者
② 城華さん、60歳、過去に国民年金の未加入期間あり、現在未加入
③ 鼓田さん、62歳、18歳から44年間ずっと厚生年金保険に加入中

d0132289_00331306.jpg


             A ② 城華さん、60歳、国民年金の未加入期間あり、現在未加入
point 過去に国民年金の未納や未加入期間がある場合は、60歳から65歳までの間に任意加入にて穴埋めをすることが可能です(老齢基礎年金が満額となる480月が上限)
なお、納付する国民年金保険料は空いている期間のものではなく、現在の保険料にて納付することになります

by nenkin-matsuura | 2015-09-10 00:52 | ねんきんQuiz | Trackback