タグ:カラ期間 ( 82 ) タグの人気記事

 

ねんきんQuiz-第445問(10年への期間短縮)

Q 法改正(期間短縮)により年金を受給できることとなる人を次のうちから選んでください ? ☆☆
※いずれも65歳の者とする

① Aさん、厚生年金保険に100月加入、カラ期間なし
② Bさん、国民年金の全額免除が30月、厚生年金保険に90月加入
③ Cさん、国民年金を20月納付、厚生年金保険に40月加入、カラ期間は20月あり

d0132289_02573823.jpg


      A ② Bさん、国民年金の全額免除が30月、厚生年金保険に90月加入
point Bさんは合計で120月となるため、平成29年8月1日に老齢基礎年金と老齢厚生年金の受給権が発生します。
なお、条件を満たす者に対しては、順次、年金請求書(黄色)が送付されます。

by nenkin-matsuura | 2017-03-29 03:08 | ねんきんQuiz | Trackback  

合算対象期間(カラ期間)に関する申立書

「合算対象期間(カラ期間)に関する申立書」


10年の期間短縮用の年金請求書には、合算対象期間(カラ期間)に関する申立書のページがあります。(101号の場合は別紙での様式)

①婚姻している(していた)期間はありますか。
 「はい」に丸を付けた場合は必要項目を記入します
 ・婚姻期間
 ・配偶者の氏名、生年月日、わかれば基礎年金番号
 ・配偶者が年金を受けていたかどうか

②20歳以降に大学院・大学・短期大学・専修学校・各種学校の学生であった期間がありますか?(夜間部・通信制は除きます)
 「はい」に丸を付けた場合は、学生であった期間(何歳ごろ)を記入します。

③海外に住んでいた期間がありますか?
 「はい」に丸を付けた場合はその期間(何歳ごろ)を記入します。

④外国籍である方(あった方)で帰化または永住許可を受けていますか?
 「はい」に丸を付けた場合は、帰化または永住許可を受けた期間(何歳ごろ)を記入します。

⑤ア~ウに該当するものがありますか?
 ア.厚生年金保険・船員保険・共済年金で一時金を受けたこと
 イ.公的年金制度から障害年金または遺族年金を受けたこと
 ウ.本人か配偶者が昭和61年3月以前に国会議員や地方議会議員であった期間があること
 「はい」に丸を付けた場合は、ア~ウの該当するものに丸を付けます。

最後に下の請求者氏名に、氏名を記入します。

by nenkin-matsuura | 2017-03-28 04:29 | 書類の書き方( ..)φ | Trackback  

ねんきんnews 2017年2月号(受給資格期間の10年への短縮)


これまでは、老齢の年金(老齢厚生年金や老齢基礎年金など)を受け取るためには、保険料納付済期間(国民年金の保険料納付済期間や厚生年金保険、共済組合等の加入期間を含む)と国民年金の保険料免除期間、カラ期間などを合算した期間が原則として25年(300月)以上必要でした。
平成29年8月1日からは、資格期間が10年(120月)以上あれば老齢の年金を受け取ることができるようになります。

該当者には、年金請求書(短縮用)が順次送付される予定です(平成29年8月1日以前でも手続きは可能です)

by nenkin-matsuura | 2017-02-28 03:16 | ねんきんnews | Trackback  

ねんきんFAQ カラ期間編17

<Q1> 元夫との婚姻期間がわかる戸籍謄本を取りました…○○運輸に勤務していて、扶養になっていたと思います

 <A1> 元ご主人様の厚生年金保険加入期間をカラ期間としてプラスして…あと○月が不足の期間となります

<Q2> ○○銀行で勤務していたときは?

 <A2> 脱退手当金を受給されていますが、カラ期間としてプラスできます ただし、年金額の計算には含まれません

<Q3> 夫は今も勤務していますよ

 <A3> 第3号被保険者とできるのはその配偶者が65歳まで(老齢年金の受給権有)です

by nenkin-matsuura | 2017-02-27 03:54 | ねんきんFAQ  | Trackback  

年金加入記録について その126(合算対象期間(各種学校:後編))

 合算対象期間(各種学校:後編)


d0132289_03211716.jpg・歯科技工士
・美容師
・臨床検査技師、衛生検査技師
・理学療法士、作業療法士
・製菓衛生師
・柔道整復師
・視能訓練士

※昭和61年4月1日から平成3年3月31日までの各種学校の学生であった期間のうち、20歳以上60歳未満の期間は合算対象期間(カラ期間)とすることが可能です。(定時制(夜間制)および通信制を除く)


by nenkin-matsuura | 2017-01-24 03:27 | 年金加入記録 | Trackback  

年金加入記録について その125(合算対象期間(各種学校:前編))

 合算対象期間(各種学校:前編)


d0132289_22093434.jpg

・あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師
・理容師
・栄養士
・保健婦、助産婦、看護婦、准看護婦、
・歯科衛生士
・診療放射線技師

※昭和61年4月1日から平成3年3月31日までの各種学校の学生であった期間のうち、20歳以上60歳未満の期間は合算対象期間(カラ期間)とすることが可能です。(定時制(夜間制)および通信制を除く)

by nenkin-matsuura | 2016-12-27 00:03 | 年金加入記録 | Trackback  

ねんきんFAQ カラ期間編16

<Q1> 母の年金が少ないような…あまりかけていなかったせいですか?

 <A1> 国民年金の第1号被保険者と第3号被保険者で15年ほど、あとは10年間のカラ期間にて受給権が発生していますが、カラ期間は期間のみで額の計算には含まれません

<Q2> 結婚して、昭和61年まではカラ期間となるそうですが、額を増やすためには?
 
 <A2> 60歳から65歳までの5年間に任意加入し、老齢基礎年金を増やす方法があります あと…65歳以降に繰下げにて額を増やす方法もあります

<Q3> 戸籍謄本を取りました…(障害基礎年金の請求)

 <A3> 婚姻から昭和61年3月までの国民年金の任意未加入期間は、除いて受給資格期間を計算します…

by nenkin-matsuura | 2016-10-31 00:45 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんFAQ カラ期間編15

<Q1> 帰化して日本国籍を取得していますが、それまでの海外在住期間はカラ期間になると聞いて…

 <A1> はい、20歳以降の海外在住期間はカラ期間としてプラスできます…戸籍謄本やパスポートなどでその確認を行います

<Q2> 私の記録で空いているところはありますか?

 <A2> 平成3年4月1日以降は全て加入し納付されており、20歳となる平成2年5月9日より3年4月1日までの期間はカラ期間となります 今は納付できませんが、60歳から65歳までで任意加入により国民年金を納付することによって埋めることは可能です

<Q3> 脱退手当金をもらっていたA社の分を足して、あとどれくらいかける必要がありますか?

 <A3> 25月分プラスとして…あと13月不足です 後納や任意加入により300月とすることは可能です…

by nenkin-matsuura | 2016-07-11 00:24 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんQuiz-第400問(カラ期間)

Q 以下の場合の合算対象期間(カラ期間)の月数を算出してください ? ☆★☆

※Aさん、昭和31年5月26日生まれ、男性(日本人)
 ・昭和47年4月から48年3月まで海外に居住
 ・昭和50年4月から54年3月までは大学に在籍
 (当時は年金には未加入とする)

① 60月
② 49月
③ 35月
d0132289_00302465.jpg


                                        A ③ 35月
point 20歳となった昭和51年5月から54年3月までの大学在籍期間は合算対象期間(カラ期間)とすることができます
なお、海外在住期間もカラ期間とすることが可能ですが、20歳から60歳までの期間がその対象となります(上記Aさんの場合は20歳より前の海外居住期間のためカラ期間とならず)

by nenkin-matsuura | 2016-05-26 00:55 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんFAQ カラ期間編14

<Q1> 18歳くらいから日本に住んでいますけど…日本国籍を取得したのは平成に入ってからだと思います…

 <A1> 20歳以降、昭和56年12月まではカラ期間(合算対象期間)としてプラスできます 戸籍謄本をとっていただいて、それが証明になります

<Q2> A社の年金は退職時にもらっていたと思いますが…

 <A2> 脱退手当金の支給の基礎となった期間は、カラ期間になります

<Q3> 改製原戸籍をとりました 前の前の夫はB社に勤務していたと思います

 <A3> はい、婚姻した○年○月からB社の退職(喪失日の属する月の前月)までの5か月はカラ期間となります

by nenkin-matsuura | 2016-02-29 00:42 | ねんきんFAQ  | Trackback