年金アドバイスv(∩.∩)v 14

◇ 3号特例
3号特例とは、3号の届け出漏れがあった場合に2年以上さかのぼって3号被保険者となることができる制度です☆彡

3号特例が発生するケースとしては、
・健康保険の扶養の届け出は出ていたが、年金(3号)の扶養の届け出が出ていなかった
・3号の妻が、生命保険会社で短期間働いてその間厚生年金保険となり、3号と重複して加入した
・3号被保険者の配偶者が転職した際、間が空いておりその間3号に入ったままとなっていた

これらの期間がある場合は届け出を出せば〆(.. )さかのぼって3号の期間とすることができます

注意事項として、3号特例届は提出月の翌月から適用となるので60歳までに提出しておきたいところです(^_^; 年金の受給資格期間基礎年金の額にかかわってきます
3号特例届に添付する書類としては戸籍謄本・世帯全員の住民票・本人の所得証明書(当時の年中のもの、取れなければ今取れる一番古い年中のもの)です

# by nenkin-matsuura | 2008-03-18 21:56 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきんFAQ 厚生年金保険の加入 編

<問> 厚生年金は何歳から?(加入)

 <答> 早ければ中学卒業後勤めた場合に(15歳か16歳で)加入します もし16歳からずっと厚生年金保険を掛けていると、定額部分を前倒しで受給できる長期加入の特例(44年)を受けることも可能です

<問> 一番最初の会社で、加入証をもらいましたが、今は紛失してありません 加入の記録を調べることはできますか?
 
 <答> 厚生年金保険の被保険者証(緑色の紙です)がなくても会社名と勤務地・務めた時期がわかれば調査は可能です なお失業保険の加入証は、以前は茶色の紙でした

<問> 厚生年金は最大何歳まで掛けることができますか
 
 <答> 原則70歳まで掛けることができます 70歳になると資格を喪失し65歳以降掛けていた分が再計算され上乗せされます もし70歳時点で年金の受給資格を満たしていない場合は引き続き、資格を満たすまで加入することができます(厚生年金保険の高齢任意加入)

# by nenkin-matsuura | 2008-03-17 21:28 | ねんきんFAQ  | Trackback  

ねんきんQuiz-第18問

Q 次のうち遺族基礎年金の申請の際に必要ではない書類は?               ☆☆
① 在学証明書 ② 病歴・就労状況等申立書 ③ 事故証明書
d0132289_14201113.jpg

                                     A ② 病歴就労状況等申立書
 point 「病歴・就労状況等申立書」は遺族年金の手続きの際には必要ありません 障害年金の申請の際に必要な書類です ①の在学証明書は高校生の子供がいる場合に必要です ③の事故証明書は、交通事故での死亡の際等のときは添付が必要です

# by nenkin-matsuura | 2008-03-16 14:39 | ねんきんQuiz | Trackback  

ちょっとお得な年金情報 被保険者編その⑫

“任意加入をして受給権を得る”

ちょっとお得な年金情報 被保険者編その④にて説明した国民年金の任意加入ですが、今回は違った意味での加入法です

老齢年金をもらうためには最低25年必要ですが、60歳時で25年に満たない場合は、65歳まで任意加入をして受給要件を満たすことも可能です
この任意加入を活用すれば40歳から年金をかけ始めても65歳からの受給に間に合います
あと、国民年金は2年前までさかのぼれるので42歳からかけ始めても65歳の受給に間に合わせることもできます

さらに、特例的に65歳以降もかけることができる制度もあります
それは、特例任意加入と言って、65歳時に受給要件を満たすことができない場合に25年(300月)に達するまで掛ける制度です。

# by nenkin-matsuura | 2008-03-15 14:58 | ちょっとお得な年金情報 | Trackback  

help-障害年金の手続き 第14回

診断書について
医師より診断書を記入してもらったら、一度目を通し確認をしておいた方がよいでしょう

確認しておきたい点は、(すべての診断書の書式共通)
・診断書の①~⑨の欄は記載漏れがないか
現症年月日(赤字で印刷)の記入漏れ、年月日のずれがないかどうか
・裏面下部の「現症時の日常生活活動能力及び労働能力」は必ず記入してもらいます
・裏面下部の「予後」は必ず記入してもらいます 断定できないときは「不詳」で構いません
・裏面下部枠外の「作成年月日」「医療機関の名称所在地」「診療担当科名・医師の氏名押印」の記載漏れがないかどうか

※特に、現症年月日や診療担当科名が入っていない診断書を見かけます もし漏れがあったら、障害年金の請求前に医師にもう一度、漏れがある個所を記入・変更をしてもらいましょう

# by nenkin-matsuura | 2008-03-14 21:49 | 障害年金の手続・仕組みなど | Trackback