ブログ de 健康保険 1

★ 退職後の健康保険
会社を退職すると、退職日の翌日に健康保険・厚生年金保険の被保険者資格を喪失します その後は保険診療を受けるためには新たな健康保険制度への加入が必要となります
 退職後の健康保険制度は大きく分けて3つあります
 ① 健康保険任意継続被保険者になる
 ② 健康保険の被扶養者の認定を受ける
 ③ 国民健康保険に加入する
①②③とも保険料の負担割合は原則3割負担で同じです
②の扶養に入るためには年収が130万円未満(60歳以上または障害者の場合は180万円未満)である必要があり、3親等内の親族で被保険者の収入によって生計を維持されていることも要件です
③の国民健康保険は前年の収入で保険料が決まるので最初の1年間は案外高い保険料を支払わなければいけません
退職して最初の1年は①の任意継続被保険者となる方が多いようです
 
任意継続被保険者… ブログ de 健康保険 2で掲載予定です

# by nenkin-matsuura | 2008-01-17 21:12 | ブログ de 健康保険 | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 7

◇ 年金請求書(国民年金・厚生年金保険老齢給付)の提出 Ⅰ
 60歳になると「特別支給の老齢厚生年金」を受ける権利が発生します
 60歳の3か月前に年金の請求書(緑色の封筒に入っています)が送付されてきたら在職中の方も退職している方も、書類を提出します ※住所が変わった等で送付されてこなかった場合は社会保険事務所の窓口で年金の裁定請求書を入手します
 年金の請求書を提出するのは誕生日の1日前から可能です 注意事項としては添付する戸籍や住民票は誕生日の1日前以降に取得します 
 
年金の手続きが完了すると1~2ヶ月後に「年金証書」が送付されてきます 「年金証書」が送付されてきてからさらに1~2ヶ月後に初回の年金の受け取りが始まります(*^-^*) ただし他の年金を選択している場合や、在職中で給与が一定以上の場合、失業保険を受けている場合等の場合は、しばらくは年金は停止です(‥)(..)

# by nenkin-matsuura | 2008-01-16 21:00 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきんQuiz-第10問

Q 次のうち、もらえる年金額が下がらないのは?(繰り上げを除く)               ☆☆
① 寡婦年金 ② 障害基礎年金 ③ 付加年金
d0132289_07218.jpg

                                             A  ③ 付加年金
 point 付加年金は物価が下がっても、もらえる額はそのままです 寡婦年金や障害基礎年金は物価スライドで下がる可能性があります ただ、寡婦年金や障害基礎年金等は税金はかかりません

# by nenkin-matsuura | 2008-01-15 00:23 | ねんきんQuiz | Trackback  

help-障害年金の手続き 第6回

通常障害認定日とは、初診日から1年6か月経過した日のこと(初診日から1年6か月を経過する前に症状が固定し治療の効果が期待できない状態に至ったときはその日)です
 ただし、次にあげる日が、初診日から1年6か月未経過のときは、その日が障害認定日となります
① 人工透析療法を行っている場合は、透析を受けはじめてから3か月を経過した日
② 人工骨頭または人工関節を挿入置換した場合は、挿入置換した日
③ 心臓ペースメーカー、植え込み型除細動器(ICD)または人工弁を装着した場合は、装着した日
④ 人工肛門または新膀胱の造設、尿路変更術を施術した場合は、造設または手術を施した日
⑤ 切断または離断による肢体の障害は、原則として切断または離断をした日
⑥ 喉頭全摘出の場合は、全摘出した日
⑦ 在宅酸素療法を行っている場合は、在宅酸素療法を開始した日

①~⑦に当てはまる場合は、1年6か月待たなくても障害年金を請求可能です

# by nenkin-matsuura | 2008-01-14 00:25 | 障害年金の手続・仕組みなど | Trackback  

ねんきんnews 2008年1月号

12日福田首相は、世田谷社会保険事務所を訪れ年金の確認作業を視察した

「ねんきん特別便」が3月までに送付されてきた方は、「宙に浮いた年金記録」に該当する可能性が高く、まず年金をもらっている方から確認をお願いしている状態

現場の状態を把握し、重要な課題として取り組んでもらいたいものです

# by nenkin-matsuura | 2008-01-13 00:28 | ねんきんnews | Trackback