カテゴリ:ねんきんQuiz( 469 )

 

ねんきんQuiz-第469問(振替加算)

Q 以下の3人のうち、振替加算の対象となる人数を選んでください ? ☆☆
※他の要件は満たしているものとする。

・Aさん:本人と配偶者ともに厚生年金保険に25年以上加入している
・Bさん:本人は国民年金に30年、配偶者は厚生年金保険に20年以上加入しており、配偶者は旧法の年金を受給している(大正13年生まれ)
・Cさん:本人は国民年金に40年(納付)、配偶者は厚生年金保険に40年加入している

① 0人
② 1人
③ 2人

d0132289_21005571.jpg

                                     A ② 1人
point Cさんは振替加算の要件に該当します。
なお、Aさんは、お互い厚生年金保険に20年以上加入のため、振替加算の要件に該当しません。
また、Bさんは、配偶者が旧制度(旧法)の適用を受けるため、振替加算の要件に該当しません。

by nenkin-matsuura | 2017-09-20 00:02 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第468問(扶養親族等申告書)

Q 平成30年分扶養親族等申告書について、記入する(丸を付ける)必要のある項目を〇か×かで答えてください ?

① 受給者氏名 〇 or ×
② マイナンバー 〇 or ×
③ 性別 〇 or ×


d0132289_04144930.jpg



                                  A ① 〇 ② 〇 ③ 〇
point
① 受給者氏名は記入する必要があります。
② マイナンバー(個人番号)も記入する必要があります。
③ 性別は、「1.男」か「2.女」に丸を付けます。
なお、該当者は、左のページの平成29年分扶養親族等申告書に係る個人番号申出書も記入する必要があります

by nenkin-matsuura | 2017-09-13 04:31 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第467問(一元化)

Q 次のうち、第4号厚生年金被保険者となるものを選んでください ? 

① 国家公務員共済組合の組合員
② 地方公務員等共済組合の組合員
③ 私立学校教職員共済制度の加入者


d0132289_04595103.jpg


                            A ③ 私立学校教職員共済制度の加入者
point 平成27年10月より、私立学校教職員共済制度の加入者は第4号厚生年金被保険者になります。
なお、①の国家公務員共済組合の組合員は第2号厚生年金被保険者、②の地方公務員等共済組合の組合員は第3号厚生年金被保険者になります。

by nenkin-matsuura | 2017-09-07 05:14 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第466問(納付状況)

Q 国民年金の月ごとの納付記録で「ア」と表示されている場合の納付状況について、①~③のうち正しいものを選んでください ? ☆☆

① 全額免除
② 学生納付特例
③ 半額免除(未納)


d0132289_03573216.jpg



                                     A ③ 半額免除(未納)
point 国民年金の月ごとの納付状況において、「ア」と表示されている場合は、半額免除の承認を受けているが未納となっている状態を表します。
なお、①の全額免除の場合は「Z」、②の学生納付特例の場合は「サ」と表示されます。

by nenkin-matsuura | 2017-08-30 04:13 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第465問(国民年金の保険料の変遷)

Q 国民年金の保険料の変遷について、〇か×かで答えてください ? ☆☆

① 前年度の保険料と比べ、保険料が下がった年度がある 〇 or ×
② 半額免除は平成14年4月から開始となった 〇 or ×
③ 5分の1免除という種類がある 〇 or ×


d0132289_03573652.jpg


                                   A ① 〇 ② 〇 ③ ×
point
①平成23年度と24年は、それぞれ前年度と比べ保険料が下がっています。
②半額免除は平成14年4月からの開始です。
③5分の1免除という種類はなく、免除には、全額、4分の3、半額、4分の1の4種類があります。

by nenkin-matsuura | 2017-08-24 04:14 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第464問(遺族年金の申請先)

Q 以下のケースの場合の申請先について、①~③のうちから選んでください ? ☆☆

※昭和31年6月以前の国鉄の組合員期間あり、平成29年8月3日死亡(妻が遺族年金を請求する)

① 国家公務員共済組合
② 企業年金連合会
③ 日本鉄道共済組合及び日本年金機構

d0132289_03413649.jpg


                      A ③ 日本鉄道共済組合及び日本年金機構
point 昭和31年6月以前の旧国鉄共済組合の加入期間に係る遺族共済年金については、日本鉄道共済組合へ申請をします。
また、昭和31年7月以降の旧国鉄共済組合の加入期間に係る遺族厚生年金や未支給年金については日本年金機構(年金事務所)へ申請をします。

by nenkin-matsuura | 2017-08-16 04:00 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第463問(振替加算)

Q 8月10日までが期限となる書類を以下のうちから選んでください ? 

① 生計同一関係に関する申立書
② 生計維持関係現況書
③ 扶養親族等申告書


d0132289_05382873.jpg


                            A ② 生計維持関係現況書
point 生計維持関係現況書は、平成29年8月1日から同年8月10日までの間に提出する必要のある書類です。期間短縮用の年金請求書を提出し、かつ、振替加算等の要件に該当する場合は、法改正となる8月1日時点での生計維持関係を確認するために同現況書の提出が必要です。

by nenkin-matsuura | 2017-08-09 05:51 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第462問(国民年金基金)

Q 次のうち、国民年金基金に加入可能な人を選んでください ? 

① Aさん、18歳、厚生年金保険に加入している
② Bさん、48歳、第3号被保険者
③ Cさん、27歳、第1号被保険者、納付猶予を受けている
④ Dさん、63歳、国民年金の任意加入をしている

d0132289_04243460.jpg


            A ④ Dさん、63歳、国民年金の任意加入をしている
point 加入できるのは国民年金の第1号被保険者(免除等ではない)や60歳から65歳までの国民年金の任意加入被保険者などです。
なお、厚生年金の被保険者(第2号被保険者)や第3号被保険者、第1号被保険者でも国民年金保険料の免除を受けている間などは国民年金基金に加入できません。

by nenkin-matsuura | 2017-08-03 04:40 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第461問(期間短縮)

Q 以下の3つのキーワードに最も関連のある書類を①~③より選んでください ? ☆☆

「振替加算」、「期間短縮」、「8月10日まで」

① 扶養親族等申告書
② 生計維持関係現況書
③ 受診状況等証明書

d0132289_03204071.jpg


                                 A ② 生計維持関係現況書
point 「期間短縮」用の年金請求書を提出しており、「振替加算」が加算される場合は、『生計維持関係現況書』(振替加算用)を平成29年8月1日から同年「8月10日まで」に提出する必要があります。
なお、同現況書の届がなかった場合は、振替加算の加算なしにていったん年金額が決定され、振替加算を付けるために生計維持の確認のための書類(戸籍謄本、世帯全員の住民票、所得証明書など)の提出が再度必要となることがあります。

by nenkin-matsuura | 2017-07-26 03:43 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第460問(年金担保融資)

Q 年金担保融資を受けることが可能な年金を以下のうちから選んでください ? ☆☆

① 老齢基礎年金・老齢厚生年金
② 老齢福祉年金
③ 特別障害給付金

d0132289_04073412.jpg


                            A ① 老齢基礎年金・老齢厚生年金
point 老齢基礎年金・老齢厚生年金や特別支給の老齢厚生年金、障害基礎年金・障害厚生年金、遺族基礎年金・遺族厚生年金などの受給者は独立行政法人福祉医療機構の年金担保融資を受ける対象となります。(年金の受給権(年金証書)が担保となる)
なお、老齢福祉年金や特別障害給付金などは融資の対象となりません。

by nenkin-matsuura | 2017-07-12 04:21 | ねんきんQuiz | Trackback