カテゴリ:ねんきんQuiz( 477 )

 

ねんきんQuiz-第477問(関連するもの)

Q 以下の3つのキーワードと最も関連があるものを①~③のうちから選んでください ? ☆☆

「マイナンバー」 「配偶者の区分」 「本人障害」

① 生計同一関係に関する申立書
② 病歴・就労状況等申立書
③ 平成30年分公的年金等の受給者の扶養親族等申告書

d0132289_21154159.jpg


            A ③ 平成30年分公的年金等の受給者の扶養親族等申告書
point 平成30年分公的年金等の受給者の扶養親族等申告書には、マイナンバーや本人障害、配偶者の区分の欄が設けられています。
なお、配偶者の区分の欄は、1~3のうちから当てはまるものに丸を付けるようになっています。

by nenkin-matsuura | 2017-11-16 00:16 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第476問(年金の日)

Q 次のうち、年金の日を選んでください ? ☆☆

① 7月5日
② 11月30日
③ 12月12日


d0132289_21441557.jpg



                                         A ② 11月30日
point 11月はねんきん月間で11月30日は年金の日となっています。
年金の日は、ねんきんネット等を活用して自身の年金記録や公的年金の受給見込み額を確認し、老後の生活設計に思いを巡らしていただくことを目的に制定されています。

by nenkin-matsuura | 2017-11-08 00:03 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第475問(期間短縮)

Q 以下の4つの年金のうち、10年の期間短縮の対象となる年金の数を選んでください ? ☆☆☆
「特別支給の老齢厚生年金」「障害基礎年金」「寡婦年金」「老齢基礎年金」

① 4つ
② 3つ
③ 2つ
④ 1つ

d0132289_21274598.jpg


                                          A ② 3つ
point 「特別支給の老齢厚生年金」と「寡婦年金」と「老齢基礎年金」は10年の期間短縮の対象になります。(ほかには老齢厚生年金や通算老齢年金や退職共済年金などがあります。)
なお、障害基礎年金は10年の期間短縮の対象ではなく別の納付要件があります。

by nenkin-matsuura | 2017-11-02 00:06 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第474問(特別徴収)

Q 年金から特別徴収される保険料(税)を以下のうちから選んでください ? ☆☆

① 国民年金保険料
② 雇用保険料
③ 介護保険料

d0132289_21033736.jpg


                                      A ③ 介護保険料
point 介護保険料は65歳以降に年金より特別徴収されます。(年金額が年18万円以上の場合)
なお、ほかには、国民健康保険料(税)、後期高齢者医療制度の保険料、個人住民税などが年金からの特別徴収の対象になっています。

by nenkin-matsuura | 2017-10-26 00:05 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第473問(相当因果関係)

Q 障害年金において、傷病間の相当因果関係なしとして取り扱われるものを選んでください ? ☆☆

① 肝炎と肝硬変
② 糖尿病と脳出血・脳梗塞
③ 事故や脳血管疾患により精神障害を生じた場合

d0132289_21470293.jpg


                               A ② 糖尿病と脳出血・脳梗塞
point 「糖尿病と脳出血・脳梗塞」は相当因果関係なしとして取り扱われます。(前の疾病がなかったら、後ろの疾病は起こらなかったであろうと認められる場合は、前後の傷病を同一傷病として取り扱われます。)
なお、「肝炎と肝硬変」や「事故や脳血管疾患により精神障害を生じた場合」は相当因果関係ありとして取り扱われます。

by nenkin-matsuura | 2017-10-18 00:07 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第472問(繰下げ)

Q 繰下げについて、〇か×かで答えてください ? ☆☆

① 繰下げ待機中に死亡した場合は、未支給請求者に対し、65歳の本来請求で決定された年金額が未支給年金として支払われる 〇 or ×
② 遺族厚生年金の受給権がある場合でも繰下げできる 〇 or ×
③ 振替加算は繰上げをしても増額とならない 〇 or ×


d0132289_21094661.jpg


                                    A ① 〇 ② × ③ 〇
point
① 繰下げ待機中に死亡した場合は、未支給請求者に対し、65歳にさかのぼり本来請求で決定された年金額が未支給年金として支払われます。
② 遺族厚生年金や障害厚生年金などの他の年金の権利があるときは繰下げはできません。(老齢厚生年金の繰下げの場合の障害基礎年金を除く)
③ 振替加算や配偶者加給年金額は繰下げをしても増額の対象となりません。

by nenkin-matsuura | 2017-10-12 00:05 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第471問(最低保証額)

Q 以下の年金のうち、最低保証額がある年金を選んでください ? 

① 障害厚生年金(3級)
② 遺族厚生年金
③ 寡婦年金

d0132289_21313532.jpg


                               A ① 障害厚生年金(3級)
point 障害厚生年金の3級の額は報酬比例の年金額になりますが、その額が最低保証額に満たないときは、最低保証額(29年度は584,500円)が年金額になります。

by nenkin-matsuura | 2017-10-05 00:02 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第470問(書類名)

Q 以下の3つのキーワードと最も関係のある書類を①~③のうちから選んでください ? ☆☆

「マイナンバー」 「公的年金等控除額」 「所得税」

① 年金受給選択申出書
② 公的年金等の受給者の扶養親族等申告書
③ 生計同一関係に関する申立書

d0132289_21503670.jpg


                    A ② 公的年金等の受給者の扶養親族等申告書
point 平成30年分公的年金等の受給者の扶養親族等申告書にはマイナンバー等を記入するようになっています。
また、公的年金等にかかる雑所得の金額は、その年に受け取る年金額から公的年金等控除額を引いた額となります。
なお、公的年金等の受給者の扶養親族等申告書が未提出だと、所得税等が多く源泉徴収されてしまうことがあります。

by nenkin-matsuura | 2017-09-28 00:06 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第469問(振替加算)

Q 以下の3人のうち、振替加算の対象となる人数を選んでください ? ☆☆
※他の要件は満たしているものとする。

・Aさん:本人と配偶者ともに厚生年金保険に25年以上加入している
・Bさん:本人は国民年金に30年、配偶者は厚生年金保険に20年以上加入しており、配偶者は旧法の年金を受給している(大正13年生まれ)
・Cさん:本人は国民年金に40年(納付)、配偶者は厚生年金保険に40年加入している

① 0人
② 1人
③ 2人

d0132289_21005571.jpg

                                     A ② 1人
point Cさんは振替加算の要件に該当します。
なお、Aさんは、お互い厚生年金保険に20年以上加入のため、振替加算の要件に該当しません。
また、Bさんは、配偶者が旧制度(旧法)の適用を受けるため、振替加算の要件に該当しません。

by nenkin-matsuura | 2017-09-20 00:02 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第468問(扶養親族等申告書)

Q 平成30年分扶養親族等申告書について、記入する(丸を付ける)必要のある項目を〇か×かで答えてください ?

① 受給者氏名 〇 or ×
② マイナンバー 〇 or ×
③ 性別 〇 or ×


d0132289_04144930.jpg



                                  A ① 〇 ② 〇 ③ 〇
point
① 受給者氏名は記入する必要があります。
② マイナンバー(個人番号)も記入する必要があります。
③ 性別は、「1.男」か「2.女」に丸を付けます。
なお、該当者は、左のページの平成29年分扶養親族等申告書に係る個人番号申出書も記入する必要があります

by nenkin-matsuura | 2017-09-13 04:31 | ねんきんQuiz | Trackback