カテゴリ:ねんきんQuiz( 486 )

 

ねんきんQuiz-第486問(免除の申請年度)

Q 国民年金保険料の免除や納付猶予の申請年度(何月から何月まで)について、以下のうちから選んでください ? ☆☆

① 1月から12月まで
② 4月から翌年3月まで
③ 7月から翌年6月まで

d0132289_20553582.jpg


                            A ③ 7月から翌年6月まで
point 国民年金保険料の免除や納付猶予の申請年度は7月から翌年6月までになります。
なお、過去期間は、申請書が受理された月から2年1か月までさかのぼって申請することができます。

by nenkin-matsuura | 2018-01-18 00:18 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第485問(生計同一関係に関する申立書)

Q 以下のうち、「生計同一関係に関する申立書」が必要となるケースを選んでください ? ☆☆

① 障害基礎年金を独身者が請求する。
② 夫死亡による遺族厚生年金を住所が同じで戸籍上の妻が請求する。
③ 特別支給の老齢厚生年金を戸籍は同じだが住所が別の夫が請求する。(配偶者加給年金額の対象者あり。生計も同一。)


d0132289_21310946.jpg


 A ③ 特別支給の老齢厚生年金を戸籍は同じだが住所が別の夫が請求する。(配偶者加給年金額の対象者あり)
point 配偶者加給年金額が加算されるケースなどで、その配偶者と住所の場合などは、「生計同一関係に関する申立書」を添付します。その際は生計が同じであったことがわかる資料(通帳への送金の記録)などとともに第三者からの証明が必要になります。

by nenkin-matsuura | 2018-01-10 00:10 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第484問(基礎年金番号)

Q 基礎年金番号が「99」から始まる場合の理由として最も近いものを以下のうちから選んでください ? 


① 海外にいるため
② 年金を受給しているため
③ 別に基礎年金番号があり仮番号であるため


d0132289_21044484.jpg


                   A ③ 別に基礎年金番号があり仮番号であるため
point 複数の基礎年金番号がある場合などは、仮の99番台で始まる基礎年金番号が払い出しとなることがあります。その場合は、記録を統合するなどの手続きが必要です。なお、船員保険の場合の仮番号も「9」(9000番台)から始まります。

by nenkin-matsuura | 2018-01-01 21:19 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第483問(後納)

Q 次のうち、国民年金保険料の後納が可能な人を選んでください ? ☆☆


① 申さん、65歳、老齢基礎年金を受給中
② 酉さん、25歳、20歳より厚生年金保険に加入中
③ 戌さん、40歳、国民年金に加入中、3年前に未納期間あり


d0132289_21023474.jpg


      A ③ 戌さん、40歳、国民年金に加入中、3年前に未納期間あり
point 5年以内に未納の期間(未加入を含む)がある場合は、後納を申し込むことによって国民年金保険料を納付することが可能です。
後納が可能なのは平成30年9月までです。
なお、①の申さんは老齢基礎年金を受給中のため後納できず、また②の酉さんは5年以内に国民年金の未納期間がないため後納をすることができません。

by nenkin-matsuura | 2017-12-28 00:28 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第482問(管掌機関の略称)

Q 65歳時の年金請求書(ハガキ)において、管掌機関が「警共」となる制度名を選んでください ? 

① 船員保険
② 公立学校共済組合
③ 警察共済組合


d0132289_20433467.jpg


                                 A ③ 警察共済組合
point 65歳時の年金請求書(ハガキ)において、そのほかの年金を受けているときは、他の年金の管掌機関(制度名)と年金証書記号番号等を記入する必要があり、警察共済組合の場合は警共と略称にて記入します。
なお、船員保険は船保、公立学校共済組合は公立と略称にて記入します。

by nenkin-matsuura | 2017-12-20 00:20 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第481問(障害者特例)

Q 次のうち、障害者特例を受給できる人を選んでください ? 
※ほかの要件は満たしているものとする。

① 陸さん(60歳)、障害等級は2級、厚生年金保険に加入中
② 海さん(63歳)、障害等級は3級、厚生年金保険被保険者の資格は喪失している。
③ 空さん(66歳)、障害等級は1級、厚生年金保険被保険者の資格は喪失している。



d0132289_21001343.jpg

      A ② 海さん(63歳)、障害等級は3級、厚生年金保険被保険者の資格は喪失している。
point 特別支給の老齢厚生年金の受給権者が、厚生年金保険被保険者の資格を喪失しており、かつ、障害等級3級以上の状態である場合は、申請により障害者特例を受給可能です。
なお、①は厚生年金保険被保険者であるため該当せず、また③は66歳以上のため特別支給の老齢厚生年金の受給権ではないため(老齢厚生年金+老齢基礎年金を受給)障害者特例には該当しません。

by nenkin-matsuura | 2017-12-14 00:14 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第480問(書類名)

Q 次のうち、障害年金の受給者が定期的に提出する必要のある書類を選んでください ? ☆☆
※固定ではないものとする。

① 生計同一関係に関する申立書
② 障害年金の初診日に関する調査票
③ 障害状態確認届


d0132289_20292252.jpg


                                  A ③ 障害状態確認届
point 障害基礎年金や障害厚生年金の受給者で定期的に障害の状態の確認が必要な場合は、誕生月に障害状態確認届(診断書)が送付され、提出が必要です。
なお、①の生計同一関係に関する申立書は老齢や遺族や障害の年金の請求時に住所などが別の場合に記入する書類です、
また、②の障害年金の初診日に関する調査票は障害年金の請求時に病名や症状によって記入する必要のある書類です。

by nenkin-matsuura | 2017-12-07 00:07 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第479問(請求対象者)

Q 次のうち、甥姪でも請求できるものを選んでください ? 

① 未支給年金
② 遺族基礎年金
③ 死亡一時金



d0132289_21250753.jpg



                                     A ① 未支給年金
point 未支給年金は、甥姪など3親等内の親族まで請求可能です。
なお、②の遺族基礎年金は、子のある配偶者、子が請求対象者です。
また、③の死亡一時金は、配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹が請求者となりえます。

by nenkin-matsuura | 2017-11-29 00:16 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第478問(各国の年金制度)

Q 各国の年金制度について〇か×かで答えてください。 ? ☆☆
(※29年現在のものとする)(※受給資格等を満たしているものとする)

① インドは58歳から老齢年金をもらえる 〇 or ×
② 最低加入期間の定めがない国がある 〇 or ×
③ アメリカより日本のほうが支給開始年齢が早い(繰上げを除く) 〇 or ×


d0132289_16010928.jpg


                                A ① 〇 ② 〇 ③ 〇
point
① インドの老齢年金は58歳が支給開始年齢です。
② ベルギーやフランスは最低加入期間がありません。
③ 繰上げを除いた支給開始年齢は、アメリカのは66歳、日本は老齢基礎年金が65歳、特別支給の老齢厚生年金が男子62歳、女子60歳です。(平成29年度)

by nenkin-matsuura | 2017-11-23 16:26 | ねんきんQuiz | Trackback  

ねんきんQuiz-第477問(関連するもの)

Q 以下の3つのキーワードと最も関連があるものを①~③のうちから選んでください ? ☆☆

「マイナンバー」 「配偶者の区分」 「本人障害」

① 生計同一関係に関する申立書
② 病歴・就労状況等申立書
③ 平成30年分公的年金等の受給者の扶養親族等申告書

d0132289_21154159.jpg


            A ③ 平成30年分公的年金等の受給者の扶養親族等申告書
point 平成30年分公的年金等の受給者の扶養親族等申告書には、マイナンバーや本人障害、配偶者の区分の欄が設けられています。
なお、配偶者の区分の欄は、1~3のうちから当てはまるものに丸を付けるようになっています。

by nenkin-matsuura | 2017-11-16 00:16 | ねんきんQuiz | Trackback