ちょっとお得な年金情報 共通編その⑱(年金分割のための情報提供請求時の見込額の試算)

゛年金分割のための情報提供請求時の見込額の試算”


離婚分割にあたって、「年金分割のための情報提供請求書」の提出により、情報通知書を取得することができます。

当該情報提供請求書には、年金見込額照会の欄があり、50歳以上または障害厚生年金を受給している場合は、希望により離婚分割後の年金見込額の試算を受けることができます。

希望するに丸を付けると、情報通知のほか見込額も郵送または窓口受取にて取得することができます。(共済組合があるときは別途発行される。)

# by nenkin-matsuura | 2018-01-19 00:19 | ちょっとお得な年金情報 | Trackback  

ねんきんQuiz-第486問(免除の申請年度)

Q 国民年金保険料の免除や納付猶予の申請年度(何月から何月まで)について、以下のうちから選んでください ? ☆☆

① 1月から12月まで
② 4月から翌年3月まで
③ 7月から翌年6月まで

d0132289_20553582.jpg


                            A ③ 7月から翌年6月まで
point 国民年金保険料の免除や納付猶予の申請年度は7月から翌年6月までになります。
なお、過去期間は、申請書が受理された月から2年1か月までさかのぼって申請することができます。

# by nenkin-matsuura | 2018-01-18 00:18 | ねんきんQuiz | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 485(資格期間が10年未満の場合(お知らせハガキの送付))

◇ 資格期間が10年未満の場合(お知らせハガキの送付)


資格期間が10年未満の場合、年金加入期間の確認のお知らせ(ハガキ)が生年月日順に順次送付されています。

同ハガキには、年金加入期間の合計月数などが表示されています。
月数が120月未満の場合でも、配偶者の記録などのカラ期間を足して120月以上となれば、老齢の年金を受けることができることがあります。

転職が多かったり、別の氏名がある場合などは、別番号で記録が見つかることもあります。(o゚∀゚)ノ

# by nenkin-matsuura | 2018-01-17 00:17 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

年金加入記録について その138(後納の対象者)

 後納の対象者


d0132289_20355907.jpg
平成30年9月までは、国民年金保険料の後納により過去5年分まで納付をすることができます。

その対象者は、

①20歳以上60歳未満で、5年以内に納め忘れ(免除以外)や未加入期間がある場合

②60歳以上65歳未満で、①の期間のほか、任意加入中に納め忘れの期間がある場合

③65歳以上で、老齢年金の受給資格がなく任意加入中の場合
など

※老齢基礎年金を受け取っている人は申込できません。

# by nenkin-matsuura | 2018-01-16 00:16 | 年金加入記録 | Trackback  

ねんきんFAQ 年金の番号編15

<Q1> 基礎年金番号はわかっていますが、年金コードとは何ですか?

 <A1> 年金をもらっておられる場合のコードです。もらう前の場合は年金コードはありません。

<Q2> 年金手帳がなくて、厚生年金保険被保険者証ならありますが。

 <A2> 昭和48年に取得され、その後転職もなく一か所での厚生年金保険の加入だと、もともと年金手帳はありません。被保険者証の番号が基礎年金番号になります。

<Q3> 基礎年金番号は何に載っていますか?(受給者)

 <A3> 年金証書や年金手帳のほか、年金額改定通知書や年金振込通知書などのハガキでの通知書にも記載されています。

# by nenkin-matsuura | 2018-01-15 00:15 | ねんきんFAQ  | Trackback