ねんきんnews 2017年7月号(ルクセンブルクとの社会保障協定)

日本とルクセンブルク大公国との間の社会保障協定が平成29年8月1日より効力発生となります。
この協定の規定により、派遣期間が5年以内の一時派遣被用者等は、原則として、派遣元国の年金制度、医療保険制度等にのみ加入することとなります。また、両国での保険期間を通算してそれぞれの国における年金の受給権を確立できることとなります。

なお、同協定は、既に発効済みのドイツ、英国、韓国、米国、ベルギー、フランス、カナダ、オーストラリア、オランダ、チェコ、スペイン、アイルランド、ブラジル、スイス、ハンガリー及びインドに続く、日本との間の17番目の社会保障協定となります。

# by nenkin-matsuura | 2017-07-28 03:54 | ねんきんnews | Trackback  

年金アドバイスv(∩.∩)v 460(年金担保融資の留意点)

◇ 年金担保融資の留意点


年金担保融資を受けるときの留意点としては…(σ´・ω・)

・返済の開始は、融資日の属する月の翌々月以降の偶数月に支払われる年金からとなります。

・奇数月に支払われた年金は、返済に充てず、全額を返済剰余金として指定口座へ振り込まれます。

・偶数月に支払われた年金の支払いがなかったときは、次回の偶数月においては当月分の定額返済額のみを返済に充てるため、返済の終了時期が延びることになります。

・年金から特別控除される介護保険料等は、年金からではなく直接市区町村等へ納付することとなります。

# by nenkin-matsuura | 2017-07-27 05:22 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback  

ねんきんQuiz-第461問(期間短縮)

Q 以下の3つのキーワードに最も関連のある書類を①~③より選んでください ? ☆☆

「振替加算」、「期間短縮」、「8月10日まで」

① 扶養親族等申告書
② 生計維持関係現況書
③ 受診状況等証明書

d0132289_03204071.jpg


                                 A ② 生計維持関係現況書
point 「期間短縮」用の年金請求書を提出しており、「振替加算」が加算される場合は、『生計維持関係現況書』(振替加算用)を平成29年8月1日から同年「8月10日まで」に提出する必要があります。
なお、同現況書の届がなかった場合は、振替加算の加算なしにていったん年金額が決定され、振替加算を付けるために生計維持の確認のための書類(戸籍謄本、世帯全員の住民票、所得証明書など)の提出が再度必要となることがあります。

# by nenkin-matsuura | 2017-07-26 03:43 | ねんきんQuiz | Trackback  

免除申請の際の添付書類

■ 免除申請の際の添付書類


・失業したこと等により免除申請を行うときで、雇用保険の被保険者であった場合
 →失業した事実が確認できる雇用保険受給資格者証または雇用保険被保険者離職票のコピー

・事業の廃止または休止の届け出を行っている場合
 →①総合支援金の貸付決定通知書のコピー及びその申請時の添付書類のコピー
  ②履歴事項全部証明書または閉鎖事項全部証明書
  ③税務署等への異動届出書、個人事業の開廃業等届出書または事業廃止届出書のコピー
  ④保健所への廃止届出書または廃止届証明書
  ⑤その他、公的機関が交付する証明書等であって、失業の事実が確認できる書類
 (②~⑤については、あわせて失業の状態にあることの申し立てが必要となります。)

# by nenkin-matsuura | 2017-07-25 04:47 | 年金 あれこれ | Trackback  

ねんきんFAQ 離婚時の年金分割編14

<Q1> 審判書の謄本を取りましたが…(合意分割)

 <A1> あと…その確定証明書も必要です。プラスして、1か月以内の戸籍謄本や住民票なども必要です。

<Q2> 3号分割のみのほうがいいのでしょうか?

 <A2> 婚姻が平成20年4月以降で、かつ、対象期間が第3号被保険者のみのため3号分割のみでよいと思われます…

<Q3> 相手はすでにもらっていて額が下がってしまうのですか?

 <A3> はい…元ご主人様は、翌月分から分割後の年金額になります…ご自分の分は受給開始年齢になってから反映されます。


# by nenkin-matsuura | 2017-07-24 00:29 | ねんきんFAQ  | Trackback