2017年 07月 05日 ( 1 )

 

年金アドバイスv(∩.∩)v 457(追納できる期間がある場合)

◇ 追納できる期間がある場合


国民年金保険料の免除や納付猶予を受けていた場合、ハガキにて「国民年金保険料追納のご案内」が送られてくるときがあります。

同ご案内のハガキには、A面には追納可能な月が記号(全額免除はZ、学生納付特例はサ、など)で表示され、B面には、年度ごとの追納保険料が表示されています。

追納を行うには、「国民年金保険料追納申込書」にて申し込みが必要です。

なお、追納保険料は、免除等の承認を受けた期間の翌年度から起算して3年度目分より、その当時の保険料額に追納加算額を加えた額になります。
また、原則、追納が可能な一番古い保険料の月分から順に納めることになります。(o・∀・)b゙

by nenkin-matsuura | 2017-07-05 03:56 | 年金アドバイスv(∩.∩)v | Trackback