help-障害年金の手続・仕組みなど 第43回

◆ 保険料納付要件への算入基準日(月)について

障害基礎年金や障害厚生年金の保険料納付要件は、障害の原因となった傷病に係る初診日の属する月の前々月までの国民年金の被保険者期間のうちの保険料納付済期間と保険料免除期間をあわせて、3分の2以上あることが必要です
また、保険料納付要件の経過措置として、初診日の属する月の前々月までの直近の1年間の被保険者期間に保険料の滞納がなければよいことになっています

上記の保険料納付要件については、初診日の前日において納付済みか否かで判断されます

例えば、直近1年の保険料納付要件を見るにあたって、
・初診日、平成20年5月6日
・平成20年1月分の保険料を平成20年6月20日に納付した場合は、
初診日の前日5月5日の時点で1月分はまだ納付されていないこととなり、直近1年の納付要件は満たしていないこととなります(3分の2要件を満たしていればOK)

また、保険料免除期間については、
・平成17年3月までは、免除申請のあった日以降の月を保険料免除期間として算入
・平成17年4月以降は、免除申請月の直前の7月(学生納付特例は4月)に遡及して保険料免除期間として算入
されます

by nenkin-matsuura | 2010-05-06 00:43 | 障害年金の手続・仕組みなど | Trackback  

トラックバックURL : http://nenkinm.exblog.jp/tb/11061416
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< ねんきんQuiz-第106問 公園がたくさん (練馬区) >>