障害給付 額改定請求書 1ページ目上部

d0132289_0544625.jpg障害年金の受給権者がその障害の程度が重くなったときに提出する書類です
①は、基礎年金番号と年金コードを記入します
②は、生年月日を記入します
③は、障害給付を受ける原因となった疾病または負傷の傷病名を記入します(現在受給権のある障害年金に係る傷病名のことです)
④は、障害給付を受ける権利が発生した年月日を記入します(現在受給権のある障害年金に係る受給権の発生日のことです 年金証書に記載されています)
⑤は、③以外の疾病または負傷の傷病名を記入します(無い場合は空欄で構いません)
⑥は、⑤の疾病または負傷の初診日を記入します(無い場合は空欄で構いません)
⑦は、障害給付を受ける権利が発生した以降に取得した年金手帳の基礎年金番号を記入します(無い場合は空欄で構いません)
⑧は、障害給付を受ける権利が発生した年月日以降の職歴を記入します

※なお、年金額の額改定請求は、「年金を受ける権利が発生した日から1年を経過した日」または「障害の程度の審査を受けた日から1年を経過した日」を過ぎるまでは請求できません(前回の審査より1年経つ必要があります)

by nenkin-matsuura | 2009-10-27 01:16 | 書類の書き方( ..)φ | Trackback  

トラックバックURL : http://nenkinm.exblog.jp/tb/10385995
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< ねんきんFAQ 加入記録 編9 年金アドバイスv(∩.∩)v 85 >>